« 閣僚の身体検査はやっているの? | トップページ | 土肥氏はどこの国の議員なのか? »

2011年3月 6日 (日)

外相辞任は当然

前原外相は、政治資金規正法が禁止している外国人から政治献金を受けていた問題の責任を取って辞任するようですね。
この際自民党は、外国人参政権に積極的に賛成している議員の資金の流れを徹底的に調査した方が良いのではないでしょうか。
もちろん、自民党内の議員も含めてです。

「通名使用だったからわからなかった」「いちいち相手に“日本人ですか?”などと確認することなどできない」などという言い訳は通用しません。
法律で禁止されていることなのですから、献金を受ける際には国籍をチェックするのは当然です。

もしも、相手方が嘘をついて日本人として献金したのであれば議員側が騙されたことになるので、後日指摘された場合には「故意ではなかった」と弁明できます。
しかし、前原氏の場合は以前から在日の方だと認識していた点でアウトです。

今回の件では「こんな程度のことで大臣を辞めさせるなんておかしい」「違法献金がわかった時点で相手に返却し、政治資金収支報告書を訂正すればいいだけだ」といった意見を言う方がいますが、絆創膏や漢字の読み間違えで執拗に叩かれた大臣に比べれば、違法性の点で全く違うのですけどね。

民主党の元ジャーナリストのある議員のブログでは、今上記で書いたような言い訳を述べていましたが、そういう認識の方が国会議員をやっていることが信じられません。
「法律違反をしても見つからなければいい」「見つかったらお金を返して報告書を訂正すればいい」のであれば、何のために政治資金規正法という法律があるのかわかりません。前原氏を擁護する方は、法律が何のために存在するのかよく考えて下さい。

ところで、今回、前原氏へ献金していた在日の方は年間5万円献金していたのでしたね。どうもこの金額がポイントのようです。
というのは、年間5万円を1円でも超えると寄付者の氏名等が官報に公表されるのです。
官報に載るということは通名ではなく本名で載るということです。そのため匿名で献金できる限度額を献金したのではないかというわけです。

前原氏へ献金していた在日の方は、外国人が献金してはいけないことを知らなかったかのような言い訳をしていましたが、年間きっちり5万円を払っていたということは逆にこの法律をよく知っていたのではないかという疑惑が持たれます。

前原氏は今回の件以外にも不透明な政治献金があるようなので、外相辞任はやむを得ないでしょう。
それよりも、心配なのは「前原さんかわいそう」と言っている人たちの方です。

|

« 閣僚の身体検査はやっているの? | トップページ | 土肥氏はどこの国の議員なのか? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/51052350

この記事へのトラックバック一覧です: 外相辞任は当然:

» 前原外相が辞任 [虎哲徒然日記]
まさに足元をすくわれた、という表現がぴったりの辞任劇だった。 前原外相が、知人の在日コリアンから計20万円の献金を受け取っていたことの責任をとって、辞任した。 公職選 ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 19時10分

« 閣僚の身体検査はやっているの? | トップページ | 土肥氏はどこの国の議員なのか? »