« 日本は自然災害国 | トップページ | 世界一の防波堤破壊 »

2011年3月19日 (土)

不安でテレビのスイッチを切った

「あまりにも不安になるからスイッチを切った」「怖くて怖くてしかたないからテレビはもう見ない」という方が多いという記事を読みました。

実はまさに私がその状態に陥っています。
震災の前から元々テレビは見ない方でしたが、情報収集のため当初は家に帰るとテレビをつけっ放しにしていました。

津波の被害はすさまじく、被災者の方々の過酷な現状に思わず涙することも多かったのですが、それでも『日本人の底力で絶対に克服できる!』と信じていました。勇気や希望を与えてくれる映像も多く、私もできることがあれば何でもやろうという気持ちになりました。

ところが、福島原発の事故が深刻な状態になるにつれて報道の主体が津波被害より原発事故の方へ移ってきました。
不安になってきたのはそれからです。

事故が深刻であることはわかるのですが、解説の方のおっしゃっていることが難しい専門用語を使っていて意味不明であるうえ、やたらに「この程度なら心配ありません」と繰り返すことが逆に『情報を隠しているのではないか』と不安心理を煽られてしまいました。

また、安心感を与えるはずの菅首相の会見が、私には逆に「首相の余裕の無さ」が伝わってしまい、さらに負の感情が増大してしまいました。

そうして、『現実から目を背けてはいけない』と思いつつも次第にテレビをつけなくなってしまったのです。特にこの二日間はインターネットの回線故障も重なったため、一種の情報遮断状態でした。

しかし、どんなに深刻な状況になっていようと、現実は知っておかなければなりません。
今現在も福島原発では各方面の方々の死闘が続けられています。問題があまりに深刻過ぎて私が何かできるレベルではありませんが、彼らの決死の覚悟の働きに感謝しつつ作業の成功を祈るばかりです。

テレビ局の方々には、ぜひ不安を煽らず冷静で正確な情報を伝えていただけますようお願いいたします。

|

« 日本は自然災害国 | トップページ | 世界一の防波堤破壊 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/51164370

この記事へのトラックバック一覧です: 不安でテレビのスイッチを切った:

« 日本は自然災害国 | トップページ | 世界一の防波堤破壊 »