« あの法案はどうなった? | トップページ | 規制仕分け »

2011年2月24日 (木)

自民党には居丈高、公明党には低姿勢の菅首相

首相、自民には協力「強要」 公明には低姿勢

 菅直人首相は23日の党首討論で、自民党の谷垣禎一総裁を挑発する発言を連発した。来年度予算案の関連法案成立に向け自民党に協力を強要する攻撃的な物言いが目立ち、公明党の山口那津男代表が「居丈高だ」と批判する一幕もあった。半面、4月の統一地方選後の協力になお望みをつなぐ公明党には低姿勢だった。
 「谷垣総裁に逆に聞きたい。今最も重要な問題は国民にとって何なのか」。首相はこう逆質問を繰り返し、谷垣氏が答えないと「なぜ答えないのか。必ず答えていただくことをまず要求して、私に対する質問にも答える」などと強気に出た。
 首相は「歴史に対して責任が持てる行動をとってもらいたい」とも強調した。今国会の開会前、首相は与野党協議に応じないのは「歴史に対する反逆」と断じ、野党が反発するといったんは陳謝していた。再び「歴史」を持ち出し、強硬姿勢を前面に打ち出した。
 首相が支えとするのは1998年の金融国会だ。
 民主党代表だった首相は、参院で過半数割れしていた小渕恵三政権に、破綻した金融機関の一時国有化を柱とする金融再生法を「丸のみ」させた。党首討論では当時、谷垣氏は宮沢喜一蔵相の下で大蔵政務次官だったと指摘して「過去の例もみて、国民に責任を持った行動をとってもらいたい」と法案成立への協力こそ野党の責任と訴えた。
 谷垣氏は「良い案を出してもらったから、我々はのんだ」と説明したうえで「来年度予算案の組み替え動議を出したい。きちんと検討してもらいたい」と切り返した。首相は「ぜひ、立派な動議を出してもらいたい。私たちより素晴らしい、と思って丸のみできる案を」と挑発した。
 首相と谷垣氏の応酬後、討論に立った公明党の山口代表は「協議をしろ、しないのは自民党のせいだと言わんばかりの居丈高な姿勢。相手は身を固くするばかりだ」と諭すような口調で議論を始めた。
 山口氏はすぐにニュージーランドの地震に話題を変えた。「耐震化協力外交を積極的にやっていくべきだ」と提案された首相は「山口代表のおっしゃる通りだ」と調子をあわせた。山口氏は「米国の海兵隊が沖縄にいなくても極東の安全は維持できる」との過去の首相発言を引き合いに首相批判を展開したが、首相は谷垣氏への応対とは打って変わった丁寧な答弁に終始した。
 討論後、谷垣氏は記者団に「首相はだいぶハイテンションだった」と振り返り、山口氏は「理を尽くして説得する姿勢に欠けている」と不満を表明した。首相は「思いをしっかり伝えようとして、少し語気が強くなったかもしれない」と述べた。
(日本経済新聞2011/2/23 20:14)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0E1E2E0E68DE0E1E2E0E0E2E3E38297EAE2E2E2;at=DGXZZO0195166008122009000000

党首討論についてはニュースでしか見ていないのですが、菅さんの印象は良くなかったです。谷垣さんに対するあの攻撃的な態度はまるで野党党首のよう。首相としての品格もありませんし、かえって焦りを感じました。もう余裕が無いのかもしれませんね。それにしても、これくらいの元気を国際会議でも見せてほしいものです。

菅さんは攻めるのが得意で守りが苦手だとよく言われますが、その言葉通りでした。野党の攻撃をさらりと受け流すか、ジョークで切り返すといった余裕があればいいのですが全然成長していませんね。
もしかしたら、攻める首相がかっこいいと思っているのかもしれませんが、あの居丈高な態度を不愉快に感じる国民は多いと思います。アジ演説が得意な菅さんは未だに市民運動家の気分なのかも。

しかし、菅さんは公明党に対しては谷垣さんとは正反対で態度が露骨すぎます。山口さんに言われたら土下座でもしかねない雰囲気でしたね。公明党だっていくら菅さんにすり寄られても泥船と一緒に沈むのは嫌でしょう。それとも、まだ公明党には協力してもらえると思っているのでしょうか。
あ~あこんな首相が情けない・・・

|

« あの法案はどうなった? | トップページ | 規制仕分け »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/50954280

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党には居丈高、公明党には低姿勢の菅首相:

« あの法案はどうなった? | トップページ | 規制仕分け »