« 谷垣さん頑張って | トップページ | 休日革命は参院民主党事務局から始めます! »

2011年1月 6日 (木)

メディアが悪い

「メディアが悪い」 菅、小沢両氏が奇妙な一致

 菅直人首相は5日、菅内閣のブログで4日の年頭記者会見に関する報道が小沢一郎元民主党代表の進退問題に偏っていると不満を漏らした。小沢氏も5日放送のBS11の番組で報道機関を「旧態依然」と批判。政治とカネの問題で対立する2人が、奇妙にもメディア批判で歩調を合わせた。
 「会見に関する報道では、小沢氏に関することばかりが大きく取り上げられている。この欄では、報道では十分に伝わっていない私の真意を伝えていく」
 首相は内閣のインターネットサイト「KAN-FULL BLOG」でこう発信した。タイトルは「反転攻勢の年が明けた」。4日の会見で貿易自由化促進、社会保障・税制改革に触れたと強調したほか、5日夜の民放番組出演を予告し、「じっくり考えを語らせていただく」と宣言した。
 小沢氏も報道機関を「旧態依然で発想がものすごく古くさい。戦前、軍部の太鼓をたたいたのはメディアなのだから、しっかり勉強して報道してもらいたい」と発言。ネットメディアへの露出を重視している理由を「ストレートで直接、真実が伝わる」と強調した。
 もっとも、首相は年頭記者会見で「小沢氏にも自らの問題について国会できちんと説明していただきたい」などと小沢氏の問題を切り出していた。小沢氏も政治とカネの問題を国民に説明すると約束しながら一向に果たさないままで、2人とも自らの責任を棚に上げ、報道に八つ当たりした格好だ。
(Yahoo!ニュース-産経新聞1月5日(水)22時46分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110105-00000614-san-pol

メディアに文句をつけるようになったら政権も末期状態とよく言われますが、菅さんも小沢さんもかなり崖っぷちに立たされている感じです。
メディアが悪いのは昔からで、それを今頃になって気がつくとは菅さんも小沢さんもボケてますね。確かに長い間民主党はメディアに擁護されてきましたから、気がつくのが遅れたのでしょう。私からしたら今でもメディアは民主党政権に対して優しいなと思うことが多いのですが、お二人にとっては初めて経験するメディアの冷たさなのでしょうね。この程度の報道で不満を漏らすとは情けないなと思います。

これまで、自民党がどれだけメディアに攻撃され選挙に不利な報道をされてきたか考えれば、今のメディアの報道はただ単に擁護しきれなくなった政権の実態を報道しているにすぎません。まだまだ隠されている民主党の実態をメディアが報道し始めたらどんなことになるのだろうと思います。

それでもメディア界の民主党擁護は根強いので、なかなかそういうことにはならないと思いますが、放っておいても民主党は自爆してくれますから、呑気な国民もいずれは気がつくでしょう。それには、あと2年くらいかかるのかもしれませんね。

|

« 谷垣さん頑張って | トップページ | 休日革命は参院民主党事務局から始めます! »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/50504976

この記事へのトラックバック一覧です: メディアが悪い:

« 谷垣さん頑張って | トップページ | 休日革命は参院民主党事務局から始めます! »