« 首相、濃茶を堪能 | トップページ | 衆院解散の時期について »

2011年1月18日 (火)

平成の議席泥棒

平成の議席泥棒…石原幹事長が与謝野氏批判

 自民党の石原幹事長は17日午前、党本部で記者団に、与謝野経済財政相について、「議員辞職を求めていく。(党内では)『平成の議席泥棒』とも言われている。(入閣するなら)民間人になるのが最低限のモラルだ」と述べ、自民党を除名され、民主党政権に入った与謝野氏を批判した。
(Yahoo!ニュース-読売新聞1月17日(月)12時11分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110117-00000471-yom-pol

「平成の脱税王」という言葉で鳩山首相(当時)を追求した方が、実は「平成の議席泥棒」だったとは・・・

与謝野さんのような問題はたびたび起こりますが、いずれ選挙制度を改正する必要があるでしょう。そうでないと、有権者の意思が軽く見られることになります。

選挙区で落選したのに比例で復活する制度もそうですが、郵政選挙の時のように、造反議員を党の都合で勝手に復党させることも有権者の意思を裏切る行為です。

議員自身の政治生命のためとか、政党の都合とかいったものが有権者の意思より優先する。
それがどれだけおかしなことなのか。こういうことが平気で行われることは選挙の正当性を失わせているに等しいのではないか。法律違反でなければ筋を通さなくても構わないのか。そうした疑問に議員の方々はどう答えてくれるでしょうか。

有権者への裏切り行為という感覚が永田町の方々には無いようです。

|

« 首相、濃茶を堪能 | トップページ | 衆院解散の時期について »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/50617228

この記事へのトラックバック一覧です: 平成の議席泥棒:

« 首相、濃茶を堪能 | トップページ | 衆院解散の時期について »