« 審議拒否はイメージ悪い | トップページ | ガッキーとリモリン »

2010年12月23日 (木)

「JAXA i」の復帰を願う

事業仕分けで「廃止」と判定された「JAXA i」が閉館イベント開催

 事業仕分けで「廃止」と判定され、12月28日に閉館となる東京・丸の内にあるJAXAの広報施設「JAXA i」が閉館イベントを開催する。
 東京・丸の内にあるJAXAの広報施設「JAXA i」は、日本及びJAXAの宇宙航空活動をより身近に感じてもらうための情報発信拠点として開館。丸の内オアゾにオープンして以来、約6年3ヶ月間に約116万人以上が来場していた。しかし4月の事業仕分けで「費用対効果が不明」として廃止が決まった。
 28日の閉館イベントでは、宇宙教育テレビ・インターネットライブ放送や、サイエンスジャーナリストの寺門和夫氏らによるクロージング特別トークセッションが行われる。
(Yahoo!ニュース- RBB TODAY 12月22日(水)18時15分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101222-00000030-rbb-sci

「JAXA i」、今月28日までなんですね。無くなるということはわかっていましたが、ちょっと寂しいです。

>事業仕分けで「費用対効果が不明」として廃止が決まった。

やはり家賃が高かったことが一番の原因でしょうか。
もしそうならば、家賃の安いところに移って存続する方法もあると思うのですが、そういう話も聞こえてこないところを見ると完全廃止なのでしょうか。

それにしても、あの一等地にありながらほとんどその存在を知られていなかったのはPR不足だったと思います。「はやぶさ」の帰還でJAXAが注目されなかったら、私もあそこを訪れることもなかったでしょう。

最近は事業仕訳の存在そのものの費用対効果が疑問視されています。
私は事業仕訳には強制力が無いなど実効性に疑問が残ること、また、国が行う事業の中には費用対効果という言葉で割り切れない必要な事業もあるということに関して政府は理解不足だと思っています。

こうした疑問を持ちながらも、事業仕訳のすべてを否定するつもりはありません。本当に必要のない事業であるならば廃止は当然だと思います。

しかし、政治主導と言いながら、問題が起こると役人だけに責任を負わせ、政治家が全く責任を取らない現政府の態度には呆れています。
今では民主党を仕分けしてくれという国民も多いのではないでしょうか。
私が仕分け人なら当然『廃止判定』ですけどね・・・

「はやぶさ」が帰還したように、いつの日か「JAXA i」も復帰することを願っています。

|

« 審議拒否はイメージ悪い | トップページ | ガッキーとリモリン »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)

投稿: いちごジャム | 2010年12月24日 (金) 00時50分

>いちごジャムさま
コメントありがとうございます。「費用対効果」のサイト参考になりました。

投稿: minori | 2010年12月24日 (金) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/50381016

この記事へのトラックバック一覧です: 「JAXA i」の復帰を願う:

« 審議拒否はイメージ悪い | トップページ | ガッキーとリモリン »