« 笑えない笑い話 | トップページ | ブッシュ・小泉時代が懐かしい »

2010年11月10日 (水)

APECと「はやぶさ」

外務省HPの中にAPECの特設サイトがありますが、その中に「APEC JAPAN 2010 日本の強みで、おもてなし」というコーナーがあります。なかなか面白いので興味のある方は覗いてみたらいかがでしょうか。
サイトはこちらです。
APEC JAPAN 2010 日本の強みで、おもてなし
http://www.apec2010.go.jp/mofaj/gaiko/apec/2010/omotenashi/

主なおもてなし例をHPから簡単に紹介しますが、詳細は上記サイトをご覧下さい。

1.中村勘三郎丈による歌舞伎
 初日13日の会議終了後、日本の伝統芸能である歌舞伎を各エコノミー首脳にご覧頂きます。演目は、中村勘三郎丈、中村勘太郎丈、中村七之助丈の親子三人で演じられる、中村屋ならではの「連獅子」。

2.コシノヒロコ氏、帝人、丹後ちりめんのコラボレーションでできたガウンドレス
世界的ファッションデザイナーコシノヒロコ氏が、首脳配偶者へのおもてなしとして、ガウンドレスをデザインしました。

3.和とテクノロジーを掛け合わせ、「21世紀の和」を体現する会場設営
 ◯「はやぶさが迎え、日本の映像技術が演出する、首脳晩餐会場」
 ◯「リラックスした雰囲気を演出する会議場」

4.首脳共同宣言は、千住博氏制作の日本画パネルの前で
 日本ならではの会議のさらなる演出として、千住博氏の日本画作品が会場随所を彩ります。

5.「日本料理」をオールジャパン体制で
 首脳夕食会、閣僚夕食会は、いずれも純然たる「日本料理」でおもてなしします。
 朝食、昼食は、洋食スタイルの中にも、米粉のパンなど日本の食卓の次世代を担う素材を盛り込み、21世紀の日本の食の形を表現。

6.日本の先端技術をアピールする展示 JAPAN EXPERIENCE
 会場内のメディアセンターでは、日本の技術の粋を集めた展示が行われます。

私が驚いたのは、各国首脳を「はやぶさ」がお迎えするということ。
HPの説明によれば、初日13日の会議終了後に催される首脳晩餐会では、丁度5ヶ月前の6月13日に宇宙から帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の搭載カプセル(現物)が会場入り口に展示され、各国首脳をお迎えするとのことです。
はやぶさ君、日本に帰ってきてからも大忙しですね。

外務省APEC特設サイトはこちらです。なかなか盛り沢山の内容で面白いですよ。
http://www.apec2010.go.jp/

|

« 笑えない笑い話 | トップページ | ブッシュ・小泉時代が懐かしい »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/49985297

この記事へのトラックバック一覧です: APECと「はやぶさ」:

« 笑えない笑い話 | トップページ | ブッシュ・小泉時代が懐かしい »