« 法相としての適格性 | トップページ | 自民党の次期衆院選候補者について »

2010年7月19日 (月)

ちょっと変わった博物館

私は博物館に行くのが好きです。規模の大小や展示物の内容にはこだわりません。以前からこのブログで書いている東大の博物館はあまり有名ではないかもしれませんがかなりのお気に入りです。
大学に併設されている博物館は、他には明治大学の刑事部門の博物館に行ったことがあります。拷問、処刑に使用した器具や資料の展示がコンパクトにまとめられていました。

ところで、今回行ってみたのは目黒にある「目黒寄生虫館」。ここはずっと前から一度行ってみたかったところです。目黒駅西口から歩いて15分くらいのところにありますが、暑いので私はバスに乗って行きました。バスだと2停留所目のところです。同じ目黒でも反対側に歩いていくと東京都庭園美術館がありますが、あそこのレトロでモダンな雰囲気とは全然違いますね。

事前にホームページやブログ等で調べて、自分なりのイメージを持って出かけたのですが、小規模ながらとてもきれいで明るい雰囲気だったのが意外でした。もっと暗い雰囲気だと思っていたんですよね。お客さんも結構沢山いたし、外国人の方もいらっしゃいました。

展示室は1階と2階に分かれています。1階に展示されていた寄生虫で最も怖かったのは人間の足指に住み着いて増殖する寄生虫。メモっておかなかったので何という名前だったか忘れましたが、その寄生虫が住み着いた人間がプールなどへ出かけて、そこで足指の寄生虫の袋が破れた途端、300万匹の幼虫が水の中に放出されてしまうとか・・・
ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!
もう考えただけで体中に鳥肌が・・・

日本には存在しない寄生虫なのでひとまず安心したのですが、刺身などにいるアニサキスとかおなじみの寄生虫も怖いですよね。昔、宴会で食べた魚が悪かったのか私だけ酷い腹痛をおこして一日中のた打ち回っていたことがあるのでこいつらは侮れないです。

2階もおもしろかったですよ。全長8.8mのサナダムシの展示はこの博物館の目玉です。横には同じ長さの紐があるので、長さを実体験することができます。このサナダムシを持っていた人物はお寿司を食べて住み着かれちゃったみたい。痛くも何ともなかったのに便に変な欠片のようなものが混じるので、「変だなー」と思って虫下しを飲んだらこいつが出てきたんですと・・・
ォォオオー!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ オオォォー!!

特別展示室では「知られざるゴキブリの世界」が展示中でした。部屋全体がゴキブリの展示だったらちょっと入るのに勇気がいりますが、すごく小さな展示ケースが一つだけ。それでも世界中の珍しいゴキブリを一度に見ることができてなかなか勉強になりました。

世界一大きいゴキブリ、世界一小さいゴキブリなど様々なゴキブリが展示されていましたが、どれもゴキブリの特徴である足にトゲトゲがありました。
世界一重いゴキブリは30gもあるんですね。丸々と太っていて見るからに重そう。こんなものがもしも『ブ~ン』なんて飛んできたら卒倒しちゃいます。世界一大きなゴキブリなんかに比べたら、日本にいるクロゴキブリやチャバネゴキブリなんてかわいいものです。

2階にはミュージアムショップもあります。寄生虫入りキーホルダーは本物の寄生虫が入っています。サナダムシTシャツはなかなかアート。気持ち悪いって感じはしませんでした。小さいながらもなかなか見ごたえのある博物館でした。

|

« 法相としての適格性 | トップページ | 自民党の次期衆院選候補者について »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/48915534

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと変わった博物館:

« 法相としての適格性 | トップページ | 自民党の次期衆院選候補者について »