« 執行部刷新で支持率は上がるのか? | トップページ | 開かれた官邸に複雑な思い »

2010年4月 4日 (日)

敗北に対する耐性

ブログを書かないでいたわずかな間に自民党はゴタゴタが続いていますね。
若林正俊参院議員が隣席の投票ボタンを勝手に押したことで議員辞職したり、与謝野馨議員が新党結成を視野に離党したり・・・
もちろん、民主党もグダグダなんですが、これはいつものことということでこの際放置です(笑)

ここのところ政治のニュースは見出しくらいしか読んでいないので深い内容は知りませんが、二つのニュース共『何やってんだか・・・』という感じです。

若林さんの事件に関しては、『他人の投票ボタンを勝手に押した若林さんはもちろん悪いけれど、それでは、何度も何度も採決の間欠席していた青木幹雄議員は一体何をしていたの?』という疑問が沸き起こってきます。正当な理由無く採決時に欠席していたとしたら、青木さんの行動も問題だと思うのですが、そのことには答えてくれたのでしょうか?

一方、与謝野新党に関しては『今、新党を作って良いことがあるのだろうか?』というのが率直な感想です。

恐らく皆さんもご存知だと思いますが、与謝野さんって選挙に弱いんですよね。しかも健康問題も抱えていて議員を続けていくことさえ大変だと思われるのに、なぜ今新党を作らなければならないのかわかりません。

自民党に不満があるのはわかりますが、少数野党が乱立しても民主党を利するだけです。自民党は所帯が小さくなったとはいえ未だに民主党に対抗し得る最大野党なので、与党の独裁を許さないためにも野党第一党としてある程度の規模は必要です。

民主党のダメっぷりはこの半年で明らかになりました。国民としては、訳のわからない小さな新党が乱立することより健全野党として自民党に立ち直ってもらいたいと思っているのではないでしょうか。最大野党が分裂して一番喜ぶのは民主党ですからね。

与謝野さんは、もう新党を作ると決めてしまったようですから仕方ありませんが、よほど党としての魅力が無ければ国民の支持は得られないでしょう。
ところが、新党を構成するであろう顔ぶれを見ると全然魅力的でない人物ばかり。平均年齢も高く、与謝野さんと共に共同代表に就任するという平沼赳夫さんもかつての輝きは失せました。党首に魅力が無いのはかなりのマイナスです。
例えてみれば国民新党みたいなイメージでしょうか。一部の熱烈な支持者からは期待されるかもしれませんが、広く国民から支持されるとは到底思えません。

かつて小泉純一郎元総理は参院選での民主党の圧勝に対し「自民党は敗北に耐えられるか、民主党は勝利に耐えられるか」という名言を残しました。今思うと勝ちすぎた郵政選挙もまた自民党は勝利に耐えられなかったのだと思いますが、民主党と比べるとやはり与党生活が長かった分だけ敗北に対する耐性が出来ていないようです。

自民党は将来の勝利のために、もうしばらくは野党として修行を積まなければならないと思いますが、それに耐えられず焦ってしまった方が負けであるならば、与謝野さんの新党は成功しないと思います。
与謝野さんには落選という敗北に対する耐性はあるようですが・・・

|

« 執行部刷新で支持率は上がるのか? | トップページ | 開かれた官邸に複雑な思い »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/47994086

この記事へのトラックバック一覧です: 敗北に対する耐性:

« 執行部刷新で支持率は上がるのか? | トップページ | 開かれた官邸に複雑な思い »