« 脱げちゃった・・・ | トップページ | 二人のお子ちゃま首相 »

2010年2月 2日 (火)

衆参本会議

Kantei4
今日は午前は参議院、午後は衆議院本会議の傍聴に行ってきました。
今年は政権が変わってしまったので行くのを止めようかとも思ったのですが、以前、衆議院の参観、傍聴に議員紹介がいらなくなったというエントリを書いたので、実際にどんな風に再開されたのか確かめてみたいという気持ちもあり行ってみました。

参議院は何度も行っているのですが、衆議院に入るのは久しぶりです。
しかも以前入った時は秘書さんと一緒だったので、今回一般傍聴券をもらうのは初めてでした。
参議院と衆議院では申込の用紙そのものが違いますし、手続きも違います。
しかし、どちらも名前と住所を書く程度なので別に面倒な手続きではありません。
それでも、『手続きは両院統一すればいいのに』と思いましたね。

小泉元首相は国会改革の話で、「国会の見学者も(衆院と参院を)自由に出入りできるようにすればいい」とおっしゃっていましたが、以前からこういうことに気がついていらっしゃったのでしょう。衆参両院の管理は厳格に区別されていて、建物がつながっていても、お互いに違う院内に入れないんですよね。

で、本会議場ですが、何となく衆議院の方が活気がありました。傍聴人の数も参議院と比べ桁違いに多かったです。やはりテレビに出ている有名な議員さん達は衆議院議員が多いからかもしれませんね。確かに、あちらこちらに知っている顔の議員さんばかり。

なかでも注目は小泉進次郎議員。一年生議員なので一番前の席なんだろうとは思っていましたが、なかなか自民党の議員さん達は議場に入ってきません。民主党の議員さん達が圧倒的な数で着席している中、やっと他の議員さんたちと一緒に入ってきました。
やはり人気者ですね。私の近くにいらっしゃったご年配の奥様達が
「あっ、小泉進次郎さんよ!」とささやきあっていました。

進次郎議員のお隣は癒し系といわれる橘慶一郎議員だと思いますが、お二人仲良くお話していました。あと二十年くらい経ったら、あの演壇に内閣総理大臣として進次郎議員が立つのかなぁなどと妄想も・・・

民主党の議員さん達は鳩山首相の答弁の最中、結構拍手をするのですが、『えっ、こんなところで拍手するの?』というタイミングも結構あって何かずれてました。拍手ロボットといった感じです。

それにしても数の力は圧倒的。ひな壇の上の怪しげな大臣達といい、このおかしな政権が何とかまともになってくれないと日本がつぶれちゃうとため息が出ました。

今日はまだ雪が残っていました。上の画像は屋根に少し雪が残っている首相官邸。下の画像は皇居前です。かなり白くなっていました。

Koukyo

|

« 脱げちゃった・・・ | トップページ | 二人のお子ちゃま首相 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/47463164

この記事へのトラックバック一覧です: 衆参本会議:

« 脱げちゃった・・・ | トップページ | 二人のお子ちゃま首相 »