« 鳩山さんが入った風呂の方がイヤ | トップページ | もう一人の私 »

2010年2月26日 (金)

KYな自民党長老議員

自民党は国会審議に復帰しましたが、今回の審議拒否戦術は中途半端、腰砕けに終わってしまい、結局何も得るものが無かったと思います。といって、民主党の山岡国対委員長が自民党を馬鹿にしたような態度をとっていたのは腹が立ちました。
『お前が言うな!』と。
私は山岡さんが大嫌いなので余計にそう思うのかもしれませんけどね。
民主党の政治と金の問題が解決したわけでもないので、そうやって驕り高ぶった国会運営をしていると、いつか国民から見放される日が来ると警告しておきます。

最近妙におとなしくなった小沢さんが次に何を仕掛けてくるのかちょっと不気味です。今は鳴りを潜めているのかもしれませんが、「夫婦別姓法案」あたりの審議で何か行動を起こすかもしれませんね。当面は地方選挙の結果を見ながら民意がどのように推移していくのか注目したいと思います。

それにしても、自民党が審議拒否をしていた時「これでいいんです!」と言っていた加藤紘一議員の空気の読めなさにはがっかりしました。(加藤の乱以降KYが定着してしまったのかも)
若手議員らの中には異論も多かったというのに、結局こういう長老議員たちが的外れな主張を押し付けるから自民党は国民目線に立てないんだと思いましたね。これでは敵失がいくらあっても支持率は上昇しないわけです。

|

« 鳩山さんが入った風呂の方がイヤ | トップページ | もう一人の私 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/47664865

この記事へのトラックバック一覧です: KYな自民党長老議員:

« 鳩山さんが入った風呂の方がイヤ | トップページ | もう一人の私 »