« 宇宙人総理が宇宙飛行士と交信 | トップページ | 外国人参政権、法制化を推進してきたのは自民党だった »

2010年1月 9日 (土)

決断力は無いのに決めたルールは無視する政治家

昨年の衆院選で山梨3区から立候補して落選した自民党の小野次郎前衆院議員が離党の意向を固めたというニュースを見ました。彼はいわゆる小泉チルドレンと呼ばれる人です。
最近、自民党を離党する議員が何人か出ましたが、離党する人は小泉改革支持派に限らず反構造改革派の人もいます。どちらかと言えば改革派の人たちが多いようですが、結局、自民党の政策方針が定まらないため、どちらにとっても自民党内の居場所が無い状態なのでしょう。

特に、小野氏のように落選中で次期選挙の候補者となる選挙区支部長もはずされた方は、自民党という看板を背負う義務感も失って当然だと思います。現職ならば党内に留まって改革する道が残されていますが、金銭的なものも含めて党からの支援が一切無い状態では、小野氏がみんなの党からの出馬を考えているとしても責める気にはなれません。

自民党が未だに低迷状態なのはすべてが中途半端な状態だからです。政策方針も定まらない。夏の参院選比例代表における「70歳定年制」や高齢議員の扱いも定まらない。すべては谷垣総裁の決断力の無さが招いたものですが、こういう状態ではいくら民主党がダメでも自民党を積極的に支持したいという理由がみつかりません。

鳩山首相を見ていても思うのですが、リーダーは信念を持ちぶれてはいけないと思います。たとえ一部の人からは嫌われても、その向こう側には反対者の何倍もの支持者がいることを信じて勇気を持って決断して欲しいです。良い人じゃダメなんですね。嫌われるくらいじゃないとリーダーなど務まりません。

谷垣総裁は高齢議員の扱いで決断のタイミングが遅れました。なぜそれが悪かったのでしょうか。ぐずぐずと決断を遅らせたのも良くなかったのですが、一番悪かったのはルールを無視したことです。党の内規など変えれば良いことですから高齢議員を公認したければ内規を変えればいいことです。高齢議員が悪いというわけではありません。
そうではなくて一旦決めたルールをなし崩しにしてしまうこと、これが一番悪いのです。自分達で決めたルールさえ守れないのでは信用などできません。郵政造反議員は公認しないというルールを決めて大勝したのに、すぐに造反議員を復党させたことと同じです。

日本の政治を見ていると物事を曖昧に決着させることが多いですね。鳩山首相や谷垣総裁の曖昧さも気になりますが、マニフェストに無い政策を強引に成立させようとすることもそうです。国民に納得のいく説明も無く、内々で決めてしまうことが堂々と通ってしまうことが驚きです。こういう政治がこれからも続くのかと思うとかなり暗い気分になります。決断力は無いのに決めたルールは平気で無視する政治家に国民はもっと怒らないといけません。

|

« 宇宙人総理が宇宙飛行士と交信 | トップページ | 外国人参政権、法制化を推進してきたのは自民党だった »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
決めたルールを守らないようでは国民の信頼は得られないでしょうにね。
谷垣総裁は、山崎拓さんについて「副総裁までやられた方なので。。。」と言われていました。
現職議員だった二人の元総理をバッサリと斬った小泉さんの決断力に、今更ながら喝采を送りたいです。

投稿: 葉音 | 2010年1月10日 (日) 16時04分

>葉音さま
こんばんは~
小泉さんって非情だとも言われますよね。
二人の元総理をバッサリと斬ったことや郵政選挙で刺客をたてたことなどがよく引き合いに出されますが、小泉さんは例外を認めることで得られるわずかな固定票よりも、例外を認めない潔さを支持する国民の方が固定票の何倍もいることをわかっているのです。
永田町だけ見ている政治家にはその辺の感覚がわからないんでしょうね。
例外を認めるくらいならルールなんて作らなければいいんですよ。結果責任はすべて総裁が負うという覚悟さえあれば誰を公認してもいいです。その覚悟さえ無いなら総裁を辞めるべきです。

投稿: minori | 2010年1月10日 (日) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/47241164

この記事へのトラックバック一覧です: 決断力は無いのに決めたルールは無視する政治家:

« 宇宙人総理が宇宙飛行士と交信 | トップページ | 外国人参政権、法制化を推進してきたのは自民党だった »