« 居酒屋ではしゃぐ首相 | トップページ | 外国訪問は首相の「気分転換」? »

2009年10月 1日 (木)

ご都合主義の民主党

朝日新聞に『自民に批判もしましたが・・・民主国対が方針転換 国会審議の副大臣答弁、一転「OK」』と言う記事が載っていました。WEB上に記事が見当たりませんので転載させていただきます。

―――民主党は29日、国会審議で副大臣や政務官の答弁を認めることを決めた。野党時代は国際会議の予定があるのを承知で、大臣の出席を求めて政府・与党を揺さぶったが、与党になって方針を転換した。大臣が仕事に打ち込める環境を整えると同時に、新人議員教育のために質問の機会を確保するのが狙いとみられる。
 山岡賢次国会対策委員長は29日、党の会合で「我が党の質問に(答弁は)副大臣、政務官でも結構。(質問)時間を大幅に増やしていく」と表明。以前の与党が短縮しがちだった政府提出法案への質問時間を長くしたり、委員会を週2、3回の定例日に限らず開いたりして、審議を活性化させる考えも示した。(本田修一)―――
(2009年9月30日朝日新聞朝刊)

まあ何て民主党ってご都合主義なんでしょう。散々自民党、いや国を代表する総理大臣や外務大臣を困らせておいて、自分達が政権を取ったら副大臣答弁はOKですか。

朝日新聞は民主党に寛大ですから、ずいぶんと物分りの良い書き方をしていますが、野党時代の民主党は、国にとって大事な国際会議を棒に振ってでも大臣の国会答弁を強要していました。それがどんなに国益を損なうことであっても自分達の都合を優先させていたのです。

今回の件に限らず、民主党は与党になってからずいぶんと方針転換したものが多いですね。何でも反対していればよかった野党時代と違って、やっと現実が見えてきたということでしょうか。

そもそも副大臣制度とは、自民党・自由党連立政権の時、現在の民主党の小沢一郎さんが自由党の主張として提案し両党が基本合意したものです。

小沢さんの主張は『官主導から政主導の国づくりを目指す』こと。これは現在の民主党の主張と変わりません。

副大臣制度は、役人任せにせず、政治家がもっと行政に関わっていくために作られた制度です。この副大臣制度の設置と共に、官僚が閣僚に代わって答弁することを許していた「政府委員制度」は廃止されました。

このように、副大臣制度は国会改革のため小沢さんが作った制度と言ってもよいです。しかし、政局のためにその制度の趣旨を無視し国益を損ねていたのですから、その無責任さにはあきれるほかありません。

以前、自民党の町村信孝さんの講演会で聞いた話なのですが、民主党は国会で大臣以外の答弁を認めないので困っているとのことでした。

そのため、町村さんが外務大臣だった時には外国訪問よりも国会答弁の日程を最優先せざるを得ず、外務大臣が国会に閉じ込められ外国に行けないという異常事態が続きました。

仕方がないので外国に行くのは土日とし、平日は国会を最優先という日程を組むのですが、これは日本の弱点になっているとおっしゃっていました。

民主党は政権を取ってから国会が開かれていないことを良いことに、鳩山首相は外国に行きまくってますね。恐らくこれから先も首相の外国訪問を優先させたいので副大臣答弁が一転してOKになったのでしょう。

副大臣制度が本来の趣旨に基づいて運用されることは良いことですが、将来民主党が野党に転落した場合には、二度と大臣答弁を強要できないことをよ~く覚えておいてもらいましょう。

|

« 居酒屋ではしゃぐ首相 | トップページ | 外国訪問は首相の「気分転換」? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/46358521

この記事へのトラックバック一覧です: ご都合主義の民主党:

« 居酒屋ではしゃぐ首相 | トップページ | 外国訪問は首相の「気分転換」? »