« 安倍氏は西村氏を支持 | トップページ | 居酒屋ではしゃぐ首相 »

2009年9月29日 (火)

自民党総裁選、票の内訳

自民党総裁選、票の内訳は以下の通り。

谷垣禎一:300票(議員票120票、地方票180票)
河野太郎:144票(議員票 35票、地方票109票)
西村康稔: 54票(議員票 43票、地方票 11票)

この結果、予想通り谷垣氏が新総裁に決定したわけですが、この票の内訳を見ると面白いなと思います。

河野氏は地方票で100票を越える健闘をしているのに対し、西村氏はたったの11票しか獲得できませんでした。その貴重な11票の内訳は、兵庫県3票、石川県、宮崎県が各2票、茨城県、東京都、山口県、沖縄県が各1票です。

兵庫県は西村氏の地元ですから当然として、石川県は森元総理、山口県は安倍元総理の働きかけがあったから獲得できた票だと思います。それより深刻なのは、地元兵庫県の持ち票8票のうち、谷垣氏に3票、河野氏に2票獲得されており、地元ですら圧倒的な強さを見せることができなかったこと。これは今回の立候補が地元でもそれほど支持されていなかったことを示しています。

一方、河野氏は谷垣氏ほどではありませんが全国で満遍なく票を集めており、まったく票を獲得できなかったのは京都府と高知県のみです。京都府は谷垣氏の地元ですから仕方ありませんね。地元の神奈川県では持ち票9票のうち7票獲得し、残り2票は谷垣氏と圧倒的。西村氏は1票も取れませんでした。

こうして地方票だけを見ていくと西村氏がいかに支持されていないかがわかるのですが、これが国会議員票となると不思議な現象が見られます。なんと西村氏が河野氏を8票も上回り、河野氏を抑えて第2位。これは何を意味しているのでしょうか。

西村氏の獲得票の約8割が議員票であるのに対して、河野氏は獲得票の8割弱が地方票です。この逆転現象は、派閥や長老議員の影響力が党内では相当強いということではないでしょうか。河野、西村両氏のみを比較すると自民党の抱えている問題がかなり深刻だなと思います。

それにしても谷垣氏は強かった。やはり自民党員は急激な変化を嫌ったということでしょうか。温和な印象の谷垣氏は誰からも好かれる人だと思いますが、それは誰からも嫌われないかわりに、圧倒的な支持も得られないということです。

私は一部の自民党支持者を斬って捨てても強烈なメッセージを発信できる総裁を望んでおりましたので今回の結果は少し残念です。河野氏が今後どういう行動を起こすのか注目しています。

(都道府県党員票内訳は自民党サイトを参照させていただきました。)

|

« 安倍氏は西村氏を支持 | トップページ | 居酒屋ではしゃぐ首相 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/46341123

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選、票の内訳:

» 自民党総裁に谷垣元財務相 [虎哲徒然日記]
こういう結果だったら、さっさと決めておけばよかったのに、 と思うのだが。 野党となっての自民党総裁選は史上2度目だが、今回は寂寥感が一段とただよう。 谷垣禎一 300 河野太郎 144 西村康稔  54 谷垣氏が投票数の6割を獲得し、若手2人に完勝....... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 11時10分

» 地獄の扉を開いてしまった日本人(開かされてしまった?)=政権交代・民主党で日本人滅亡 外国人参政 [民主党で日本人滅亡 外国人参政権反対(旧外国人参政権反対【旧々日本愛国者】)]
権反対②・gの意見29 中国女性人身売買が盛んです1・gの意見 http://ameblo.jp/zainichikaere/entry-10167984142.html [続きを読む]

受信: 2009年10月 5日 (月) 13時39分

« 安倍氏は西村氏を支持 | トップページ | 居酒屋ではしゃぐ首相 »