« 重いテーマと斬新な演出 | トップページ | 英米関係と日米関係の違い »

2009年9月14日 (月)

国家戦略局の役割

いよいよ今週鳩山新政権が始動しますが、その目玉となる政策のひとつに「国家戦略局」の設置があります。民主党のマニフェスト(テキスト版)には以下のように説明されています。

―――官邸機能を強化し、総理直属の「国家戦略局」を設置し、官民の優秀な人材を結集して、新時代の国家ビジョンを創り、政治主導で予算の骨格を策定する。 ―――

この説明だけでは具体的にどういうことを行うのかよくわかりませんね。予算の骨格の策定という意味では、小泉政権下の「経済財政諮問会議」に相当するようなものとも考えられますが、国家ビジョンというからにはもっと総合的な政策決定機関なのかもしれません。

ところが、産経新聞の記事によると新政権の中枢機関となる「国家戦略局」に外相は加わらない方向とのこと。以下、当該部分を引用します。

新政権の中枢機関となる「国家戦略局」に外相は加わらない方向だ。「岡田外し」ともいえるこの動きに不安を感じたのか、岡田氏は11日、「国家戦略局がすべてを神のごとく決めることはできない。役所の所掌事項まで議論することはない」とさっそく牽制(けんせい)してみせたが、「鳩山-岡田外交」は前途多難といえそうだ。
(産経新聞2009.9.13 00:04)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090913/plc0909130005000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090913/plc0909130005000-n2.htm

国家ビジョンを創るというのに外交は関係ないとはどういうことでしょうか?
私は国家の基盤として最も重要なのは外交・安保政策だと考えています。その方向性がしっかりと定まっていてこそ内政が安定するのではないでしょうか。
その点、民主党は党内の意思統一が未だにできていないので国家観が定まっていません。そもそも鳩山代表には国家観など無いのではないかとさえ思う動画がYouTubeにありました。urlは以下。
http://www.youtube.com/watch?v=xD97fFxQVgc

これは報道2001での発言ですね。ちょっと文字で起こしてみます。

黒岩:選挙を通じて一番国民が知りたいのはね、要するに政権交代がかかった選挙というなかで、次の日本をどういう国にするのかっていうことを考えてるかと。国家ビジョン、まさに聞きたいわけですよね。例えば今中国がこういう状況になってるという中で日本は大きなもっと強い国になるのか、また違った国になるのか、何を目指しているのか、鳩山さん、そこのところわかりやすく。

鳩山:別に強い国なんてものをね、日本を私は求めるべきではない。むしろ、一番大事なことはですね、たとえばこういうグローバルな社会の中で、私が一番心配しているのは、子供たちのコミュニケーション能力というものが極めて落ちてしまっていると。これがですね、世界に向けてこれから日本が戦っていくというか協力をしていく中で一番の阻害要因になってきている。それは世界ではもうどんどんやってますよ。日本が非常に遅れてしまって、こういった教育の中におけるコミュニケーション能力をいかに高めるかということとか、あるいは国家的なこの科学の水準を上げなきゃならない時に、これは数年前に国立大学を独立行政法人化したんですよ。これは完全な誤りでね、あのことによって基礎的な科学の力がぐんぐん落ちてきてしまっている。こういうものを、もっと基礎的なものを持ち上げていくことが今の日本にとってものすごく大事なことだと申し上げておきたい。

黒岩:それが目指すべき国家の姿?

鳩山:したがってそういう意味で私は自立と共生ということをこの地域の中においても、すなわちコミュニティーの中においても、世界の中においても重要な発想の中に考えていきたい。
(以上)

鳩山さんは宇宙人と言われるだけあって、どうもおっしゃっている意味が今ひとつわかりづらいのですが、「自立と共生」がキーワードなのでしょうか。

恐らく司会の黒岩氏は、例えていえば「日米同盟をどう考えるか」といった安保の基本戦略について答えて欲しかったのだと思います。鳩山さんは党内事情を考えて、わざと論点を外したのかもしれませんね。

「強い国を目指すべきではない」という意見については、「軍事力における…」と限定すれば私も賛同します。しかし、国際政治では様々な権力が重要な位置を占めていることも忘れてはいけません。世界で軍事が一定の役割を果たしていること、また、国際政治の本質は権力であることは事実です。経済分野では国際競争に勝てることも必要でしょう。

そういった現実を抜きに、一方的に権力を放棄し友愛や共生を求める姿勢は危機感に乏しいと思います。鳩山さんは理系人間ですから政治を科学的に捉えているのかもしれませんが、政治は方程式に当てはめれば解けるというものではなく、様々な駆け引きや利害調整が必要な面倒な世界です。

通常、国家戦略の7、8割が外交戦略であることを考えれば、「国家戦略局」に外相が加わらないという新政権の方針は理解できません。意図的に日本の国力を喪失させようとしているのであれば大変な問題です。新政権は「国家戦略局」の役割を具体的に示すべきでしょう。

|

« 重いテーマと斬新な演出 | トップページ | 英米関係と日米関係の違い »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
「国家戦略局」う~んなかなかやるなと思っていたら何か違うみたいですね
「経済諮問会議」と同じような物なんですか~

マスコミは鳩山さんを褒めちぎっていますが、どうみても、うつろな目で自信なさげで、話も良くわからないのですが。。。
マスコミは、今でも自民党叩きをしていますが、そんなに民主党が心配なんでしょうかね!
この国が良くなれば、豊かになればどの政権でも支持しますよね~
でも民主は「中国、韓国」の思惑どうりに進んでしまいそうで怖いです!

投稿: 葉音 | 2009年9月15日 (火) 21時28分

>葉音さま
こんばんは~
毎日毎日、民主党の話題には突っ込みどころが多すぎてどれをネタにしようか迷うほどです。
昨晩は考えているうちに眠くなり爆睡してしまいました(;´Д`)

マスコミの異常なほどの鳩山さんの持ち上げっぷりには気持ち悪くなるほどです。
本人に魅力が無ければいくらマスコミが煽っても無駄なのにね。
今回の選挙結果は自民党にも大いに責任があるので、しばらくは民主党の政権運営を見守るしかないと思っています。
自民党もしっかり方向性を定めないと次の選挙で崩壊する可能性もありますね。

投稿: minori | 2009年9月15日 (火) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/46206343

この記事へのトラックバック一覧です: 国家戦略局の役割:

« 重いテーマと斬新な演出 | トップページ | 英米関係と日米関係の違い »