« 麻生首相、自ら選挙戦で陣頭指揮を執る決意 | トップページ | 反麻生勢力の動き »

2009年7月15日 (水)

麻生首相、古賀氏の慰留を指示

麻生首相 辞意の古賀選対委員長、慰留を指示

 麻生太郎首相は14日、自民党の古賀誠選対委員長が辞意を表明したことについて「地方選の一連の結果の責任というなら、選対委員長1人で取るべきものでなく、党全体として受け止めなければならない。辞表を受理するつもりはない」と述べ、細田博之幹事長に古賀氏の慰留を指示したことを明らかにした。首相官邸で記者団に語った。(以下略)
(Yahoo!ニュース-毎日新聞7月15日0時19分)

そもそも古賀さんって「選対委員長を格上げして党三役と同等の扱いにしろ」と半ば脅して自分から希望してなったわけでしょう。今更何言ってるの、って感じ。

古賀さんはいつでも形勢不利とみると逃げにかかる。郵政民営化の採決の際も最後は議場から出て行って棄権したし、小泉首相(当時)の靖国参拝に関しても、日本遺族会会長という立場でありながら「近隣諸国にも気配りが必要だし、外国に思いやりも必要だ」と暗に批判するような発言をし、批判を浴びると「これは遺族会としての見解ではなく、単なる私見だ」と言い訳しました。

そのため、私の中では彼に対し卑怯者というイメージがあります。今回も「敵前逃亡ではない」なんて言ってるあたり、自分でも引け目があるのかも。

麻生さん、何で引き止めるの?
本人が辞めるって言ってるんだからほっとけばいいのに。
古賀さんが選対委員長になってから何か良いことありました?

選対委員長は元のように格下げして、これまでのように幹事長が責任持ってやればいいと思いますけどね。

|

« 麻生首相、自ら選挙戦で陣頭指揮を執る決意 | トップページ | 反麻生勢力の動き »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生首相、古賀氏の慰留を指示:

« 麻生首相、自ら選挙戦で陣頭指揮を執る決意 | トップページ | 反麻生勢力の動き »