« 恐ろしい民主党のマニフェスト原案 | トップページ | フロッピーの時代が終わる »

2009年7月26日 (日)

誤解を生む表現

野党は麻生太郎首相が高齢者に関し「働くことしか才能がない。80(歳)過ぎて遊びを覚えても遅い」などと発言したことを一斉に批判しているようですね。

メディアからこのような記事の発信があった場合、長年ネットに関わっている人なら、記事に書かれていることを鵜呑みにせず、まずは一次ソースを確認するのが基本です。

この発言は25日横浜市内で開かれた日本青年会議所(JC)の会合における発言なので、まずはそのノーカットの発言を聞いてみないことには何とも言えません。
しかし、発言の要旨を読んでみると、それほど批判されるような内容とは思えないのです。

ところが麻生さんの表現の仕方が悪い。活力のある高齢化社会を作りたいという趣旨は読み取れるのですが、「働くことしか才能がない」と表現してしまったことで本旨がぼやけてしまいました。過去に「女性は産む機械」と発言して非難された大臣がいましたが、あの時と同じです。

とは言っても、政治家にとって言葉は命ですからこういった取り上げ方をされないためにも発言は慎重にしていただきたいです。

政治家は一般国民にもわかりやすく伝えるため、しばしば比喩を用います。しかし、この比喩はよほど慎重に使わないと誤解を生みやすいのです。

世の中には麻生さんのキャラクターを理解している人ばかりではありません。誤解されそうな用語や概念は用いず、丁寧な説明が必要だと思います。

|

« 恐ろしい民主党のマニフェスト原案 | トップページ | フロッピーの時代が終わる »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/45744550

この記事へのトラックバック一覧です: 誤解を生む表現:

« 恐ろしい民主党のマニフェスト原案 | トップページ | フロッピーの時代が終わる »