« ベルルスコーニ首相の離婚問題 | トップページ | 松本清張の映像作品 »

2009年5月 8日 (金)

主流はやはりXP

Vista普及率が23%に 1年半で17%増も主流はやはりXP

 動画配信サービスのJストリームは5月7日、インターネット利用者のPCに搭載されているOSの割合を調査し、結果を発表した。Windows Vistaの普及率は23%で2007年の調査から約17%増えたが、依然としてWindows XPがOSの主流になっている。Webブラウザと映像再生用のWebブラウザアプリケーションの普及率も調査した。
 調査によるとWindows Vistaの普及率は23%で、2007年9月に集計した6%から約17%増えた。一方Windows XPの普及率は67%。依然としてOSの主流はWindows XPであることが明らかになった。Macintoshの利用者は6.02%で、前回調査時の3.9%から微増した。
 利用しているWebブラウザを聞いたところ、Internet Explorer(IE) 7.0が42.44%でトップ。IE 6.0の23%とIE 8の0.9%を加えると、ユーザー全体の約3分の2がIEを利用している。IE以外のブラウザでは、Firefoxが18%と最多。前回の5%から大幅に増加するなど、躍進がうかがえる。Google Chrome、Sleipnir、Operaといったブラウザの割合も増えているという。(以下略)
(Yahoo!ニュース-ITmediaエンタープライズ5月8日11時45分)

Vistaの普及率、やっと23%ですか・・・
少ないですね。やはり次のOS Windows7まで待つ人が多いのかな。
特に企業はXPが主流なので、Vistaを飛ばしてWindows7が出るのを待っているところが多いそうですね。Vistaは高スペックのCPUや大量のメモリが必要なので嫌われているとか。
確かにXPの満足度が高いのに、あえてVistaに変える必要はないのかもしれませんね。
しかも、来年にはWindows7が出るようなのであわてる必要もないです。
VistaってなんだかMeの運命に似てるなぁ・・・
短い命ですた。・゚・(ノД`)ヽ

私、以前はMeをモバイルパソコンとして使っていたのですが、壊れちゃったのでモバイル用にVistaを買いました。メインに使っているPCはXPです。Vistaは使わないと壊れてしまうかもしれないと思って時々使っていますが、どうも慣れないです。
ところが・・・
最近XPの液晶画面の調子が怪しくなってまいりました(;゚д゚)ァ....
何とかWindows7が発売になるまで動いていて欲しいのですが、もしも壊れてしまったとしてももうVistaを買うつもりはないです。
とりあえず、いつ壊れてもいいようにデータのバックアップだけはしておかないと・・・

|

« ベルルスコーニ首相の離婚問題 | トップページ | 松本清張の映像作品 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主流はやはりXP:

« ベルルスコーニ首相の離婚問題 | トップページ | 松本清張の映像作品 »