« 表情まで一緒 | トップページ | ムーバのサービス12年に終了 »

2009年1月11日 (日)

良い年でありますように

三井記念美術館で「旧金剛宗家伝来能面」を見てきました。これまで能楽堂で多くの演目を見て、それなりに能面についてはわかっていたつもりでしたが、見終わった後、何にもわかっていなかったということを思い知らされました。まったく勉強不足で、もっと沢山の演目を見て勉強しなければなりません。本当に能の世界は奥が深いです。
昔から素晴らしい面といわれるものは表情が豊かで魂がこもっています。特に引き寄せられたのは氷見作の「痩男」。以前、「藤戸」のエントリでも書いたことですが、確かにこれは鬼気迫る面です。
僧侶でもあった氷見が棺に納められた死者の顔をじっと観察し、それを面に写し取ったという話。至近距離で面と向かい合うと、その話もなるほどと思わずにはいられないほどの不気味さが漂っていました。しかし、そういった凄みのある面ほど、こちら側に訴えてくるものがあります。私は女性の面でも美しい「小面」より人生の重みを感じさせる「老女」の面や、妖気の漂う「泥眼」といった面に魅力を感じます。

Yasukuni6話は変わりますが、靖国神社にも行ってきました。新年初めての参拝です。境内には全国各地の神社の絵馬が展示されていて、ひとつひとつが大変趣があり、見ていて飽きませんでした。今年は政治的には不安定な年が予想されていますが、何とか良い年にしたいですね。

|

« 表情まで一緒 | トップページ | ムーバのサービス12年に終了 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/43709894

この記事へのトラックバック一覧です: 良い年でありますように:

« 表情まで一緒 | トップページ | ムーバのサービス12年に終了 »