« 表彰式アシスタントは選りすぐりの美女たち | トップページ | 裁判員制度見直し論 »

2008年8月15日 (金)

何の感動も信念もない首相

「せいぜいってどういうことなんだ」石原知事、福田首相を批判

東京都の石原慎太郎知事は15日の定例記者会見で、福田首相が北京五輪に出場する選手に向かって「せいぜいがんばって」と発言したことについて「せいぜいってどういうことなんだ。総理大臣が日本の選手にかける言葉とは違うと思うね。そのせいか、日本勢は振るいませんな」と批判した。会見の詳細は以下の通り。
               ◇
冒頭、お答えしますが、あさって17日の北京のレセプション(日本オリンピック委員会が主催)、ちょっと体調をくずしまして、夏風邪こじらせて今ちょっとですね、免疫力つけるために断食療養してます。3時間、日帰りは辛いんで勘弁させていただきます。今日は私から行政について申し上げることはございません。質問があったらどうぞ。

--北京五輪の前半戦が終わったが、印象に残ったことは何か

 「やっぱりね、われわれの代表だから、金メダル取ってくれた選手には絶大な拍手を送りたいけどね。私、開会式へ行って非常に心外だったのは、元首クラスの最高指導者がそろっている中で、自国の選手が(入場して)来て、立って手を振らなかったのは、うちの総理大臣(福田首相)と北朝鮮の代表だけだったね。これはどういうことなのかね。(福田首相の)奥さんは立って手を振ってたけどねえ」
 「日本に帰ってきて新聞で見ましたがね、なんか(福田首相が)『頑張ってください、せいぜい頑張ってください、せいぜいね』って言ったそうだが、せいぜいってことはどういうことなのかね。なんか、『あんた限界があるから、まあ』っていう感じにしかとれないし、総理大臣が日本の選手にかける言葉とは違うと思うね。そのせいか、日本勢は振るいませんな、あんまり。せいぜい頑張ってるけども。残念だね」(中略)

--日本選手がふるわないとのことだが、東京五輪招致の機運を盛り上げるためには、もう少し頑張ってもらう必要があると思うか

 「そうですね、これからまだありますからね。大いに頑張ってもらいたいね。せいぜいじゃなしに、大いに頑張ってもらいたいな、うん。なんだい、せいぜいってのは」

--靖国神社へ参拝した理由は何か

 「また(その質問)かね。あたりまえじゃないか、行くの。おれ、日本人なんだ」

--東京五輪の招致を控え、中国をはじめとした東アジアの国々の理解を得ることも必要だと思うが、今年、参拝に踏み切った影響についてどう考えているのか

 「別に影響ないと思いますね。あたりまえのことですね、日本人として。私の家内の父親もあそこにおりますし、私の親しかったまたいとこも2人、海軍士官で戦死しておりますしね。その心情として、私が行くことが、誰がどう妨げることができるんですか。つまらん質問しない方がいいよ。会社の沽券(こけん)にかかわるぞ、本当に。誰に言われたか知らんけど、バカな質問しない方がいいぞ、はずかしくねえか、本当に。聞いている方も恥ずかしいよ」(後略)
(Yahoo!ニュース-産経新聞8月15日18時42分)

長い会見でしたので、一部省略させていただきました。全文はリンク先か紙面をお読み下さい。

「その国の政治は、その国の国民のレベル以上にはならない」という言葉があります。その点でいうと、わが国の首相も間接的ではありますが我々国民が選んだ人物なので、首相を批判することは天に唾することなのかもしれません。それを覚悟で福田首相に厳しいことを書きます。

石原都知事でなくとも、ここ最近の福田首相の言動は批判したくもなります。
首相は相変わらずの他人事発言が続いていますが、北京五輪の開会式で、『自国の選手が(入場して)来て、立って手を振らなかったのは、うちの総理大臣(福田首相)と北朝鮮の代表だけだった』という石原知事の話で、改めて福田氏は言葉だけではなく行動までも他人事の人なんだと知りました。

というか自分が日本国の首相であるという自覚がまったくないのでしょうね。
「これは私の性格ですからフフン~」
と言って済まされる問題ではありません。

『せいぜい頑張ってください』という言葉もひどいのですが、別に首相でなくても普通自国の選手団が入場してきたら、思わず立ち上がって声援を送りたくなるもんじゃありませんか?
首相なら尚更選手団に敬意を払うべきだと思います。テレビ観戦してるわけではなく、はるばる北京まで行って目の前で見ているわけですから。
石原知事が『総理大臣が日本の選手にかける言葉とは違うと思うね』と批判するのも無理ないですね。

記者さんもこれ以上怖くて福田首相のことを聞けなかったのかもしれませんが、仮に「福田首相が靖国参拝をしないことについてどう思うか」との質問をしたら、すごく皮肉な言葉が返ってきたと思います。

福田首相は5日、終戦記念日の15日の靖国神社参拝について「わたしの過去の行動をみてほしい」と述べ、参拝しない考えを表明していますが、これは首相持論の「お友達の嫌がることはしない」考えに沿ったものでしょう。

私は靖国参拝に関してはいろいろな意見があってよいと思いますし、終戦記念日に参拝する、しないも信念を持って決断したものなら尊重したいと思っています。しかし、福田首相という人は、自分の信念に基づいた考えではないんですね。「私はこう考える」というものが根本にあっての行動ではなく、「お友達が嫌がる」と、他人のせいにしているところがずるい。

与党支持者の中からも福田氏への支持率が低いのは、こういったごまかしの姿勢が信用できないからだと思います。
「私は政治家としてこれだけはやり遂げたい!」という気迫が全然伝わってこない。
国民としてちょっと悲しいです。
北京五輪の入場式にしろ、靖国参拝にしろ、一事が万事何の感動も信念もない首相の姿勢に国民が失望していることに早く気がついて欲しいのですが・・・

|

« 表彰式アシスタントは選りすぐりの美女たち | トップページ | 裁判員制度見直し論 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪~♪~

靖国参拝して参りました。清々しい気分になりましたが兎に角、暑かったです!
8時前に着いて「小泉元総理」を待ちました。きりッとしたお顔でやはり絵になる方でした。

石原都知事の会見を読み、福田総理にまたまた失望しました。総理交代はみっともないけど、何とかした方がいいかもしれませんね!

投稿: 葉音 | 2008年8月16日 (土) 11時46分

>葉音さま
猛暑の中、靖国参拝をしていただきましてありがとうございます。
今年は小泉元総理にもお会いできたとのことでよかったですね。
産経新聞によると、小泉さんより後に参拝された安倍前首相には、「安倍さ~ん」とか「頑張って」という声援があったようですが、小泉さんの時には声援もなかったのだとか。
集まった人も少なかったようですが、これは本当だったのでしょうか?
国のトップが福田氏のような方だと、一気に国民の士気が下がる感じがします。その影響なんでしょうか・・・
本来、首相の交代ごときでふらふらと考えが変わる国民性であってはならないと思いますが、残念ながらそういう国になってしまったようです。
石原東京都知事は参拝後に、「日本が衰運に向かわないよう、お願いした」と述べていましたが、本当にこの国の将来が心配です。

投稿: minori | 2008年8月16日 (土) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/42178102

この記事へのトラックバック一覧です: 何の感動も信念もない首相:

« 表彰式アシスタントは選りすぐりの美女たち | トップページ | 裁判員制度見直し論 »