« 野田氏へ立候補断念工作 | トップページ | メダル数とお金は比例する »

2008年8月24日 (日)

精度の高い日本のバトンパス

バトンの技、真骨頂…男子400リレー銅メダル

日本陸上距離陣の悲願だった男子四百メートルリレーのメダル獲得。
 個々の走力では海外の強豪に劣る日本の快挙達成には理由がある。
 まずはバトンパスの技術の習熟度。日本は受け手が腕を下に下げて、手のひらを下に向け、渡し手が下から渡すアンダーハンドパスを採用。確実性が増すのが長所だが、受け手の加速が若干鈍り、タイムを稼げない短所がある。それを受け渡しの精度を高めることで解消してきた。
 それを示す一つのデータがある。この日と同じメンバーで38秒03のアジア新記録で5位に入った昨年の世界選手権決勝。「バトンを受けて渡す」という二つの作業が必要な第2走者の末続、第3走者の高平のラップタイムの合計は、2位ジャマイカ、4位ブラジルの2、3走者の合計より速かった。無論、パスの位置や走る距離が異なるため、単純比較は出来ないが少なくとも「スムーズだった」と表現していいだろう。
 もう一つが日本のリレーに対する姿勢。予選でバトンを落とし、失格した米国のように、個人種目に強豪がそろうチームは、リレー練習に割く時間が少なくなりがち。ひと昔前は試合前練習で初めてバトン練習をする国もあったほど。日本は、昨年の世界選手権時から、同じ顔ぶれと走順で何度も合宿を行ってきた。塚原は「僕たちは(バトン)ゾーンに入ったら僕たちだけの空間を作ることが出来るんです」と胸を張った。
 1人の力では到底、なし得なかった快挙は、息のあった4人だったからこそ到達出来たものだ。(新宮広万)
(Infoseek ニュース-読売新聞2008年8月23日8時59分)
Japan2

いやぁすごかったですねぇ男子四百メートルリレー。
銅メダルおめでとうございます!shine
北京五輪はニュースで結果を知ることがほとんどだったのですが、この競技は絶対にLIVEで見ようと決めていたので、日本の快挙に思わず興奮しちゃいました!
アンカーの朝原さんが渾身の力を振り絞ってゴールした時は、見ていて息が詰まりそうでした。表彰式もLIVEで見ていたのですが、4人の選手の皆さん、金メダルをもらったみたいにうれしそうでしたね。

競泳の男子400メートルメドレーリレーもすごく感動したのですが、どうも私はリレー競技が好きなんですね。一つのたすきをつないでいく駅伝とか・・・
どんなところに魅力を感じるかと言うと、一人一人にドラマがあって、それがつながってさらに大きな感動を与えてくれるところでしょうか。
一人ならあきらめてしまうかもしれないけれど、仲間につなぐために死力を尽くす。それがまた原動力となって思いがけない素晴らしい記録が生み出されるところに感動します。

ところで、今回の快挙達成にはUPした記事にあるように日本のバトンパスの技術の高さが大きく影響しています。もうそれは職人技ともいえる超高速のバトンワークですね。
タイムだけで競えば日本が世界の強豪を上回るのは難しいのですが、この競技はバトンの受け渡しの良し悪しが勝負を左右します。そこがリレー競技の面白いところですね。

優勝候補の米国や英国が予選でバトンパスでミスをして決勝に残っていなかったので、日本の銅メダルを「たなぼた」なんて言う人もいますが、この競技はバトンパスの技術も含めたトータルな強さを求められるので、銅メダルは日本の練習の成果だと思います。
まぁ確かに強豪チームがいなかったのは運が良かったのかもしれませんが、運も実力のうちですしね!

個人技の強い米国などのチームは、あまりバトンパスの練習をしないらしいですね。うまくいけば素晴らしい記録が出ますが、失敗のリスクも大きい。そんなことでは合宿までやって鍛えてきた日本チームに負けるのも当たり前でしょう。

こうやって考えていくと、リレーという競技は案外日本人向きなのかもしれません。メダルこそ無かったけれど、これまで4×100mリレーは大きな大会で常に入賞してるんですね。日本はものすごく強くはないけれど、決して弱くはないということ。
今回の結果を契機に、さらにバトンパスの技術の習熟度を上げて、日本のお家芸の競技に持っていければ最高だと思います。

それにしても、陸上や競泳などタイムを競う競技は順位が明確で気持ちいいです。それに比べると体操とかシンクロなどの採点競技は、技の難易度や芸術性といった部分に審判員の主観の入り込む余地が大きいので何となくすっきりしません。言い換えれば恣意的な採点の入り込む余地が多いということです。ライバルを引き離すためには必然的に難易度の高い技を取り入れざるを得なく、選手の精神的負担は相当なものだと思います。
今回のリレーのように、日本人でもこんなに頑張ることができたのですから、これからはタイムを競う競技や判定の基準が明確な競技には、国を挙げて強化策に取り組んでいただきたいなと思いました。
Japan3

|

« 野田氏へ立候補断念工作 | トップページ | メダル数とお金は比例する »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪~
興奮しましたね~
必死で応援というか祈っていました。祈りが通じて本当に良かった!四人は金メタルの輝きの顔でした。

昨日の民主党の代表選の事ですが、「野田氏」出馬断念には失望です。負けるのが分かっていても、圧力があろうと、断念しては駄目ですよねぇ。男気が無い!
政治家失格と思うのですが。。。
小泉元総理は事前下馬評で分かっていても、党活性化の為に何回も挑戦したのに、民主議員は度胸が無さすぎです。 
小沢さんが怖いんでしょうかね?

投稿: 葉音 | 2008年8月24日 (日) 15時20分

>葉音さま
こんにちは~
今回の五輪ではいろいろなことを思いました。
金メダル以上の輝きを持つ銅メダルがあるのだということ。
メダルが当然と考えて無冠に終わった選手、チームは本当に限界の力を出し切ったのかという疑問。

民主党の代表選は不戦勝で小沢さんの勝ち、ですか。
五輪で数々の死闘を見ていると、政治の世界はヌルイ世界ですね。
権力闘争という戦いはあるみたいですけど(苦笑)
野田氏の国家観には同意するところが多いので、立候補断念は残念でなりません。
小沢さんに逆らうと、党内で干されるという脅しがあったとか無かったとか・・・
「民主党」という名が泣くほど独裁政党だったのですね。

投稿: minori | 2008年8月24日 (日) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/42252594

この記事へのトラックバック一覧です: 精度の高い日本のバトンパス:

« 野田氏へ立候補断念工作 | トップページ | メダル数とお金は比例する »