« 民主党の対応に注目 | トップページ | 姫を刺客と考えてみる »

2008年8月29日 (金)

韓国の対外純債権が事実上ゼロまで減少

対外純債権が27億1千万ドル、8年来の低水準

【ソウル28日聯合】韓国の対外純債権が事実上ゼロ状態まで減っている一方で、1年以内に償還しなければならない流動性の高い外国債券は2220億ドルに膨れ上がった。
 韓国銀行が28日に発表した6月末の国際投資対照表(速報)によると、対外債権から対外債務を引いた対外純債権は27億1000万ドルで、3月末の131億6000万ドルから104億5000万ドル減った。1999年末のマイナス68億ドルに次いで最も低い水準。
 対外純債権は通貨危機当時の1997年末にマイナス680億8000万ドルに達したが、2000年にプラス転換し、2005年には1207億ドルまで増えた。しかし、2006年末に1066億ドル、昨年末は355億ドルに減少、さらに今年6月末には2けたまで落ち込んだ。対外債権の減少分以上に、対外債務が増えたためだ。国際収支チームのユ・ビョンフン次長は、外国人による韓国投資が対外債務とされる債権を中心としているのに比べ、国内在住国民の海外投資は債権に入らない株式投資や直接投資の場合が多いためだとしている。
 一方、対外債務のうち短期外債と満期の残余が1年以内の長期外債は2223億2000万ドルと、3月末から61億9000万ドル増えた。
(Yahoo!ニュース-YONHAP NEWS8月28日17時9分)

韓国の経済状況については詳しいことは知らないのですが、このままの状況が続けば、「対外純債権が急速に減少して、純債務国に転落することは免れない」というニュースが現実になります。

アジア通貨危機といわれた1997年末に韓国の対外純債権は、マイナス680億8000ドルに達していたそうですから、その数値から比べれば6月末の対外純債権が27億1000万ドルまで低下したとはいっても危機という数値ではないのかもしれません。

しかし、少し気になるのが9月危機説です。
来月満期到来する外為関連債券は国債 19兆、通貨安定証券 9兆、会社債 6兆など総額 43兆。このうち外国人は国債 7兆 4千億ウォン、通貨安定証券 1兆 2千億ウォンを保有しています。

問題は大部分の物量が来月 9日と 10日に満期到来する点。もし外国人が約 8兆 6千億ウォンにのぼる債券の満期を延ばさないで現金にかえるようになる場合深刻な問題になるらしい。
この点については、外銀の本支店間の取引が借入れとしてカウントされているだけなので心配ないと政府は言っているようですが・・・

私もそのあたりのことは全然詳しくないのでどう解釈してよいかわかりません。
しかし、為替安定と称して最近のウォンドル相場への政府介入が凄まじいことも気になる要因です。このところの急速な外貨保有高の減少はどのような影響を与えるのでしょうか。

よくわからない私でも、韓国の慢性的な対日貿易赤字体質や物価安定のための政府の為替介入が上手くいっていないことなど、韓国経済は多くの問題を抱えていることは何となくわかります。

その経済立て直しのために現在の大統領を選んだというのに、国民の相変わらずの反日思想や行き過ぎたデモに対する対策に無駄なエネルギーを使っているように見えます。
本筋の経済対策に腰をすえて取り組めない大統領にはつくづく同情してしまいます。

|

« 民主党の対応に注目 | トップページ | 姫を刺客と考えてみる »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/42306386

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の対外純債権が事実上ゼロまで減少:

» ★ベトナム 2009年度経済予想★ [★ベトナム株式・金利・経済★最前線情報★]
Xin Chao!!(こんにちは!!)投資計画省(MPI)より世界経済の状況と2009年のマクロ経済予想に関する報告書が発表されました。要約すると【2008年度】■楽観論楽観的な見方では、国内工業製品分野は年末にかけて発展し、世界経済市場はベトナムの輸出高増加促した場合、GDPは6.6-6.8%となると見られる■悲観論GDPは6.2-6.5%、資金不足、原材料費の高騰、電力不足により、工業生産分野は減少。そして海外�... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 13時03分

« 民主党の対応に注目 | トップページ | 姫を刺客と考えてみる »