« 韓国の対外純債権が事実上ゼロまで減少 | トップページ | トラと戦うプーチン首相 »

2008年8月30日 (土)

姫を刺客と考えてみる

姫井参院議員 新党には参加せず 民主離党届を撤回

 民主党の姫井由美子参院議員は29日、党本部で記者会見し、28日に提出した離党届を撤回し、渡辺秀央元郵政相らの新党「改革クラブ」に参加しないことを表明した。これにより新党は「国会議員5人」の政党要件を満たさないことになる。
 この日結党を正式発表した「改革クラブ」側は、姫井氏の不参加に伴い新たな参加者を募る構えだが、姫井氏の翻意には民主党執行部の説得が大きく影響しており、新党は厳しい船出を迫られることとなった。
 姫井氏は会見で、新党参加に動いた理由を「民主党優位の参院改革に役立てばと考えた」と釈明。撤回の理由については「民主党の皆さんとお話しした結果、民主党中心の政権交代につながらないと分かった」と述べた。
 会見に同席した菅直人代表代行は会見後、「姫井氏は会見できちんと説明した」と評価。「大いに頑張る機会を彼女に提供する形が必要だ」と述べ、処分などは行わない考えを示した。【田中成之】(以下略)
(Yahoo!ニュース-毎日新聞8月29日22時19分)

Himei1ちょっと陰謀論的に考えてみると、姫井氏は小沢代表が新党を潰すために送り込んだ刺客ではないかと思います。
元々、渡辺氏らは反小沢とされており、これまでも度々本会議で造反し自民党寄りの行動を取っていた人たちです。自民党側からの切り崩しがあったか否かは別として、いずれ民主党から出て行くのは真っ先にこの議員達、というのは誰もがわかっていたはず。新党結成の動きは小沢氏も掴んでいたのではないでしょうか。

で、ここからが私の妄想ですshine
渡辺、松下の2名が参院民主党から抜けても、参議院で野党が過半数を上回っている構図には変わりがない。10人も抜けるならばともかく2人ならびくともしない。しかし、小沢氏が恐れたのは、新党を作られることにより反小沢の流れが加速することだったのではないでしょうか。

密偵を使い探らせたところ、新党は「国会議員5人」の政党要件に一人足りないことがわかった。
『あと一人、あと一人・・・』と必死に走り回る渡辺氏ら。

密かにほくそえむ小沢氏は姫井議員に連絡を取る。
『新党に参加し、記者会見でドタキャンしろ』

もちろん、成功報酬もちらつかされたでしょう。
これまで党内で厄介者扱いだった姫井氏は疎外感を強めていました。
そんな姫井氏は小沢代表から直接指令を受けたことに感激します。
『代表!や、やりますッ!必ず成功して見せますッ!』

こうして、小沢代表の陰謀は成功したのであった。チャンチャン
と妄想はここまで(笑)

Ozawa4_2 まぁ、妄想ではあるんですけど、現実に「新党」の要件を満たせなかったダメージは大きかったと思います。民主党内の締め付けはいっそう厳しくなることでしょうし、これから先、造反する議員は相当な覚悟をもって臨まなければならないでしょう。

この騒動が小沢陰謀論でなかったとしても、姫井議員を新党のメンバーに入れたことは不可解です。どう見ても数合わせとしか思えない。そうでなければ姫井氏がどうかしちゃったとしか考えられないです。(もともとおかしな方ですが・・・)

姫井議員、9条の会・岡山の代表らしいですね。江田五月参院議長は彼女の後見人だったようですし思想的には左翼でしょう。
改革クラブのメンバー大江康弘氏と松下新平氏は「人権擁護法案から人権を守る会」、「慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会」という民主党内の保守系議員連盟の参加者。また、渡辺秀央氏は超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」に所属していますから、元々姫井議員とは思想信条的に合うはずが無い。そういう違いを乗り越えてまで姫井氏と実現したかった政策などあったとは考えられないので、「国会議員5人」という政党要件を満たすために入れたとしか思えません。

今回はバカ騒ぎで終わりましたが、今回の件といい代表選の経緯といい、民主党内で小沢氏の恐怖支配が行われているような気がしてなりません。
私の考え過ぎでしょうかね。。。

|

« 韓国の対外純債権が事実上ゼロまで減少 | トップページ | トラと戦うプーチン首相 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
面白い寸劇ができましたね!
事実かもしれません。あの三人の組み合わせに違和感を持った人は多かったと思います。
妄想だとしたら、姫井議員のボサボサの髪はどうしたのでしょうかね?

>姫を刺客と考えてみる
「姫」の位を汚すような人にはもったいない!「姫」と呼ぶのは「天狗の姫」さんだけです(笑)

投稿: 葉音 | 2008年8月30日 (土) 21時08分

>葉音さま
ご機嫌いかがでござるか。
おお、忘れておった。私も姫でござった・・・
いや確かに。なぜあのような者を姫と呼ぶのであろうか・・・
あのドタバタ劇があの者の考えから起こったことだとすると、とんでもない大ばか者でござるな。
まったく、彼女は姫の名を汚す者でござる。

あと5年近く彼女に歳費を払い続けるのは本当に腹立たしい!
と思う天狗の姫でした(笑)

投稿: minori | 2008年8月30日 (土) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/42328057

この記事へのトラックバック一覧です: 姫を刺客と考えてみる:

» 民主党代表選出馬 剛腕小沢「最後の聖戦」に期待するもの [ハズレ社会人]
オツカレです。 これが首相への最後のチャンスとなろう。 代表選への立候補を正式表明、政権交代が悲願=小沢民主党代表  [東京 1日 ロイター] 民主党の小沢一郎代表は1日の定例記者会見で、 代表選への立候補を正式表明した。そのうえで「生活感もな... [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 14時55分

« 韓国の対外純債権が事実上ゼロまで減少 | トップページ | トラと戦うプーチン首相 »