« 総裁選を変える議連 | トップページ | 古くて新しい能 »

2008年6月20日 (金)

高齢者向けパソコン

富士通、高齢者向けパソコンを発売=自宅訪問でネット設定

*富士通 <6702> は19日、高齢者を対象に専用パソコンの販売とインターネット接続設定の訪問サービスなどを組み合わせた「FMVらくらくパック」を発売すると発表した。敬遠されがちなパソコンやインターネットの設定を自宅訪問で行うほか、簡単なメニュー画面を採用するなど配慮を施し、これまで利用率の低かった高齢者層の開拓を狙う。
(Yahoo!ニュース-時事通信6月19日20時5分)

高齢者向けパソコンがどういったものになるのかわかりませんが、パソコンは家電とは違ってスイッチひとつで操作できるようなものではありませんから、そんなに簡単操作できるものができるとは思えません。

そんなパソコンが売り出されるのなら私も買いたいです。もともとパソコンは特殊な操作を必要としますから、敬遠する人は高齢者に限らずどの年代にもいるのではないでしょうか。

いくら簡単なメニュー画面を採用したり、インターネットの設定をやってくれるとしても、そこから先の操作は自分でやらなければならないので、やはりパソコンについてある程度の知識を持っていないと使いこなせないと思います。

そもそも家電であるDVDレコーダーなどでも操作は複雑で、予約録画だの編集だのできない方も多いんじゃないでしょうか。そんな方がさらに面倒なパソコンをやるとは思えません。

なかなかパソコンの売り上げが伸びないのでこういうことを考えたのかもしれませんが、年齢にかかわらず、パソコンに対して興味があったり、目的意識がある方ならすでにやっていると思います。

私の知人でパソコン嫌いの方は、仕事で使う場合でも最低限の知識しかありませんし、嫌々使っていて、自分用に購入するなど考えたことも無いようです。

高齢者やパソコンを持たない方にとっては、ネット環境を前提とした『詳しくはWebで』という最近の風潮を何とかしてあげた方が喜ばれるのではないでしょうか。

|

« 総裁選を変える議連 | トップページ | 古くて新しい能 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者向けパソコン:

« 総裁選を変える議連 | トップページ | 古くて新しい能 »