« 浮かれてなんかいません! | トップページ | 何とかという『風』 »

2008年4月 6日 (日)

さようなら、赤坂サカス

先週の週末に赤坂サカスに行きましたが、昨日は友人が寄りたいというので再び訪れることになりました。といってもあまりに人が多かったためすぐに退散してしまったのですが・・・
先日、かんべえさんの日記を転載させてもらったばかりで恐縮ですが、激混みのサカスを見て思うところがあったので再び転載させてもらいます。

○かんべえのオフィスの向かい側に、新名所「赤坂サカス」が誕生した。当地に引っ越してきた2004年7月当時は、ほとんど原野のようだった大地に、大型の建設機械がひっきりなしに工事をしていた。その頃、当社を訪ねて来た人は、誰もが窓の外の景色を見て「なんですか、コレは?」と驚いたものである。それがとうとう完成してしまった。古い住人としては、ついつい否定的な気分にならざるを得ない。せっかく空いてきた千代田線も混んでしまうし、山王下からの一車線の道路は慢性的な混雑である。今後、タクシーを拾うときは、外堀通りまで出なければならないであろう。ちょうどミッドタウンに勤務する人々が、六本木交差点まで歩いてから拾うように。
―――転載ここまで―――

かんべえさんはじめ古い住人の方たちが戸惑っていらっしゃる気持ちがよくわかります。
先週行った時はまだほとんどのお店が開く前だったのでそれほど混んでいなかったのですが、昨日はあまりの人の多さにビックリしました。特に驚いたのがTBSストアに入ろうとする人たちの長~い行列。最初、何の行列なのかわからなかったのですが、行列の長さに驚くと共に、それがTBSストアのために並んでいると知って二度ビックリ。
というのも、以前のTBSストアの状態を知っていたからなんですが・・・

実はTBSストアの中にチケットぴあのショップがありまして、以前から時々利用していたのです。普段はネットや優先予約など他の方法でチケットを入手することが多いのですが、やむを得ない事情の時だけ直接ぴあショップを利用していました。TBSの中のショップは(私の感覚では)あまり知られていなくて密かに穴場だと思っていたんです。それほど混まないし、ショップのスタッフの方たちもとても手際がよくて気に入っていました。

チケットの発売時間というのは通常午前10時からなんですが、以前のショップは放送会館1階のTBSストアの中にあったので、10時までTBS玄関横でひたすら待つのですが、ちゃんと屋根もある場所でそれほど苦痛じゃなかったです。その頃のTBSストアは全然人が来ないという印象でした。売っている商品も買いたいものがなかったし・・・

ところが、赤坂サカスができたためにサカス内に移転したTBSストア内のチケットぴあが11時開店に変わってしまったのです。10時に一斉に勝負をかけるというのに、11時ではお話になりません。最後に買いに行った時、一緒に並んでいた方と「これからどーしよう」と思わずぼやいてしまいました。やはりその方もTBSのショップが閑散としていて狙い目だったと思っていたそうです。

お店は繁盛してうれしいかもしれませんが、チケットを購入する人たちにとってTBSのショップは使えない店になってしまいました。かんべえさんと似た感覚なんですが、そんなわけで、もうあの頃のTBS界隈の静けさは望めないと思うとちょっと寂しい。もう赤坂サカスに行くことはないと思います。

|

« 浮かれてなんかいません! | トップページ | 何とかという『風』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/40795407

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、赤坂サカス:

« 浮かれてなんかいません! | トップページ | 何とかという『風』 »