« 議員宿舎について | トップページ | 一炊の夢 »

2007年12月 8日 (土)

PC珍事件簿

[CNET Japan] データ復旧会社が明かす--2007年ハードウェア破損珍事件簿

アリの侵入、油の浸透、パラシュート降下の失敗。これらは何の罪もないデータ記憶装置が最近見舞われためずらしい災難の一部だ。データ復旧会社Kroll Ontrackは過去1年間に、上記の例以外にも、極めてめずらしいデータ復旧作業を手掛けてきた。(中略)

・ある女性顧客が技術者らに、USBスティックを洗濯物といっしょに洗濯機に入れ、「すべてのデータを洗い流してしまった」と語った。

・ある釣り人がボートにノートPCを持ち込んだ。しかし、ノートPCもろともボートから落ちてしまい、すべてのデータが湖底に沈んだ。

・科学者が、ハードドライブが立てる読み込み音にいら立ち、ドライブのカバーにドリルで穴を開け、そこに油を流し込んだ。その結果、読み込み音は止まったが、同時にハードドライブ自体も止まってしまった。

・カメラマンが自分の外付けハードドライブの中にアリが住み着いているのを発見した。そこでカメラマンはドライブのカバーを外し、中に防虫スプレーを吹きかけた。その結果、中にいたアリは死に、データも最終的に復旧した。
(Infoseek ニュース- CNET Japan 2007年12月7日16時21分)
(トラブル事例は一部省略しました。全文はリンク先をお読み下さい)

洗濯物と一緒に洗い流すという事例はありがちですね。
私が注目したのはハードドライブの中にアリが住み着いていた事例です。
私が想像するにはこのアリ、イエヒメアリというアリではないかと思うのですが…
というのもイエヒメアリというアリはものすごく油が好きだからです。
甘いものと油があれば、絶対に油の方に行ってしまいます。そして暖かいところが大好き。暖かいというより熱いところでも平気なくらい強い性質なのです。(どうもアフリカから輸入材木にくっついて日本に住み着いたらしい)なぜ知っているかというと、以前このアリに住み着かれて困ったことがあったからです。

恐らくPCの中にいたアリは、PCの熱と機械油を好んで住み着いていたものと思われます。昔家に住み着かれた時、いったいどこに巣があるのかまったくわからなくて困ったのですが、何と、古くなった電子レンジの裏側の機械油が染み出たところに巣を作っていました。もうビックリでしたね。

また、PCにコーヒーをかけてしまった人を見たことがあります。
今は防水タイプのPCもあるようですが、私が見たのは普通のタイプ。
でも、我慢強くコーヒーが自然乾燥するまで1週間ほど待ったら、ラッキーなことにハードディスクは壊れていませんでした。

この記事を読むと、いろいろな珍しい事例ばかりですが、ハードディスクが壊れるのは単純に「寿命がきた」というものが一番多いのではないでしょうか。
私自身そういう体験をしているので、それ以来内蔵ハードディスクは壊れるものだという認識で使うようになりました。
データのバックアップは二重三重にやっておいた方が安心だと思います。

|

« 議員宿舎について | トップページ | 一炊の夢 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PC珍事件簿:

« 議員宿舎について | トップページ | 一炊の夢 »