« 単純比較の愚かさ | トップページ | ネット利用でテレビ離れ加速 »

2007年8月15日 (水)

武道館の式典は問題なし?

070815yasukuni
今日午前、小泉前総理が靖国神社を参拝しました。

小泉前総理の靖国参拝は、マスコミ的には微妙な取り扱いなんでしょう。まったくマスコミのご都合主義には呆れます。





◇「小泉さんの靖国参拝はけしからん」という意見を報道すればするほど、逆に「閣僚(高市氏除く)が参拝を控えた安倍内閣の対応は適切であった」と肯定することになる。

◇「小泉さんはちゃんと靖国参拝したのに安倍首相は参拝しないなんて情けない」という意見はマスコミ的には流すことができない。なぜか?
「首相は靖国参拝をしなければならない」という前提条件のもと成り立つことだから。

結局、安倍首相が参拝するしないにかかわらず、安倍叩きをしたいマスコミにとって、小泉さんの靖国参拝を大きく報道することはマスコミにとってマイナスの側面が大きい。
去年あれだけ大騒ぎしたというのに静かなものですね。

靖国問題がマスコミで騒がしくなった頃から毎年不思議に思うことがあります。
終戦記念日に日本武道館で行われる『全国戦没者追悼式』には、天皇陛下をはじめ、首相や閣僚、さらには民主党の代表も参加しています。(今年は小沢代表が出席されていたかどうかはわかりませんが)
この追悼式で慰霊される対象の中には、いわゆるA級戦犯も含まれていると考えられています。(含まれていないとの論拠は聞いたことがないのでそう思っているのですが)
この事実になぜ中国やマスコミは突っ込まないのでしょうか。
A級戦犯を慰霊する事がダメだというのなら、この追悼式も中止しなければならないと考えられますがいかがでしょうか。

この追悼式に戦犯とされた人々が含まれていると言う論拠は以下の通りです。

<< 昭和28年に戦犯の赦免に関する決議が国会で、社会党や共産党まで含めて一人の反対もなく決議された。そして国際的にも、サンフランシスコ講和条約第11条にもとづき関係11ヶ国の同意を得て、A級戦犯は昭和31年に、BC級戦犯は昭和33年までに赦免し釈放された。
これによりA級戦犯は名誉回復され、『国内法では戦犯ではなくなっている』。
これは平成17年10月25日、政府は閣議において、民主党の野田佳彦国対委員長の質問主意書に対する答弁書において改めて明らかにされています。
答弁書は「(極東国際軍事裁判所やその他の連合国戦争犯罪法廷が科した)刑は、わが国の国内法に基づいて言い渡された刑ではない」と指摘。A、B、C各級の「戦犯」は、国内では戦争犯罪人とはいえないことを明確にした。
また、答弁書は首相の靖国参拝に関し、「戦没者の追悼を目的とする参拝であることを公にするとともに、神道儀式によることなく、宗教上の目的によるものでないことが外観上も明らかである場合は、憲法二〇条三項の禁じる国の宗教的活動に当たることはない」との見解を改めて表明した。>>

と、靖国参拝は何の問題もないと政府の公式見解が出ているわけですね。これ、民主党からの質問主意書に答えているというところに注目です。

『全国戦没者追悼式』は天皇皇后両陛下のご臨席のもと挙行されている式典です。国内の式典ですから、当然「国内法では戦犯ではなくなっている方々」を慰霊してもよいはず。
もし、天皇陛下のご臨席に中国が突っ込みを入れれば、日本国民の大多数を中国の敵にまわしかねません。中国政府にとってそれは望むところではなく、A級戦犯に関しては「靖国カード」のみを「政治カード」として使いたいという勝手な都合があるわけです。

それ故靖国については、中国は非公式に総理・外相・官房長官の参拝以外は文句を言わないとしています。これは暗に陛下の御親拝には文句を言わないということなのでしょうか。
中国としては天皇陛下にかかわることについては、非常に悩ましい行動をとらざるを得ないわけですね。

A級戦犯云々とおっしゃる方々に、『全国戦没者追悼式』で慰霊する御霊の中にA級戦犯が含まれているのか否かお聞きしたいです。是非マスコミの皆さんにはこの問題にツッコミを入れていただきたいです。

ところで、こちらの記事によると、小泉さんの参拝について、「小泉氏の個人的心情が第1だろうが、一部新聞で前打ちさせ、テレビカメラの前で参拝したことは政治的存在感を示す狙いがある」と書かれています。

小泉さんは現在は党役員でもないので、マスコミには知らせずに参拝してもよかったと思うのですが、前打ちしたということは、何らかの意思表示をしたかったのでは。
記者の質問に答えず無言で去って行っただけに、よけいに想像力を掻き立てられます。

|

« 単純比較の愚かさ | トップページ | ネット利用でテレビ離れ加速 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/16124454

この記事へのトラックバック一覧です: 武道館の式典は問題なし?:

« 単純比較の愚かさ | トップページ | ネット利用でテレビ離れ加速 »