« 記者会見が怖い | トップページ | 桜・さくら・サクラ・SAKURA »

2007年3月30日 (金)

テレビを捨てる日

フジサンケイ ビジネスアイという新聞の毎週金曜日に、麻生千晶氏の「メディア斬り」というコラムがあります。(残念ながらWEB上に記事はありません)
いつも辛口の内容で、メディアをバッサリ斬ってくれるので気持ちいいのですが、今日は「懲りないテレビは捨てられる」と題して、例の関西テレビの番組捏造問題絡みのご意見が載っていました。

記事の中で麻生氏は『巨大な金が集まるテレビ会社は、免許で守られ、危機感も切迫感もないのである。この懲りない性癖はよほど痛い目に遭わないと変わらないと、民放連は関テレの除名処分を決めたが、私はテレビ界全体に危機感が欠けていて、懲りていないと感じている。なぜなら、私は今、ネットでデジタルラジオを見聞きし、携帯電話で放送を聴いたり情報を仕入れている。業界の周辺にいるプロの私でさえ、全身マルチメディアチックになっているのに、民放のボスたるキー局の人たちが高をくくっていていいのだろうか。ネット頼りの若者たちはニュースまでPCで読んで新聞を捨てた。次はテレビを捨てるかもしれないのだ。』と言っています。

2chなどから受ける印象だと、ニュース番組に関してはすでにテレビは捨てられていると言っていいんじゃないでしょうか。小泉政権時代にメディア・リテラシー(マスメディアの記事を見分ける能力)を持つ人が増加したこともあって、メディアによる印象操作に簡単に惑わされなくなりましたもの。

Tナントカとか、TV朝ナントカといった局が恐ろしく偏向していることは承知しながら(ある意味ネタとして)見ていますが、最近ひどいのがNなんとかという某公共放送のニュース。ここ1年くらいの間の偏向度合いは見ていて耐えられない。何か局内の強力な意思が働いて編集されているとしか思えないんですけど・・・だからすぐにスイッチをOFFにしてしまうし、なるべく見ないようにしています。(もう受信料払いたくない気分!)

そんな感じでここのところ報道番組に関してはTVを見なくなってしまいました。麻生氏がおっしゃるようにネットで十分事足ります。それでもドラマは「のだめ~」とか「ハケン~」とか「華麗なる~」などなど面白いものが結構あるので見てましたけどね。これでドラマも面白くなくなったら、いくら無料でも地上波は人気なくなると思いますが。

そうなると、お金払ってでも見たい番組だけ見るというスカパーなんかの加入者が増えちゃうでしょ。(実際にe2 by スカパー!の加入者は順調に増えているらしい)
メディアの方たちはもっと謙虚に視聴者の声に耳を傾け危機感を持たないと、気がついた時にはテレビの前には誰もいなくなっていたなんて展開になり兼ねませんが、どうですか?

|

« 記者会見が怖い | トップページ | 桜・さくら・サクラ・SAKURA »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/14463093

この記事へのトラックバック一覧です: テレビを捨てる日:

» スカパーナビ! [スカパーナビ!]
スカイパーフェクトテレビの情報 [続きを読む]

受信: 2007年3月31日 (土) 13時23分

« 記者会見が怖い | トップページ | 桜・さくら・サクラ・SAKURA »