« 再び復党問題 | トップページ | 魔王と変化の鳥 »

2007年2月25日 (日)

もうすぐ春

Shinbijyutukan1_2  国立新美術館に行きました。
とてもユニークな建物です。
設計は日本設計+黒川紀章建築都市設計事務所。
建築に興味がある方は必見です。

それにしてもこの美術館や首相官邸など、全体にガラスを多く使っている建物は地震の時とか大丈夫なんでしょうか?
何かとても気になってしまいました。

Shinbijyutukan2

ミュージアムショップに入るだけなら無料なので、展示は見ずにショップだけ見ました。
商品もユニークなものばかりで、見ているだけでも楽しいです。
黒川紀章さんの関連図書もいろいろありました。『都知事選には出るのかな?選挙ポスターはすごくアートなものになるんだろうねぇ』などとつまらないことを想像してしまいました。

面白い商品がたくさんあったのですが、一番気に入ったものは柔らかい樹脂のような材質でできた人間の頭部の置物。
大きさは手で握れる位の小さいものなんですが、触るとぐにゃぐにゃして何ともいえない不思議な質感なんです。
触るたびに表情が変わって、「イヤ~ン、気持ち悪~い!」って感じ。でもどこか離れがたいものがあるんです。
こういうのを「きもかわいい」って言うんでしょうか・・・
さんざん見本を触って結局買わなかったんだけど『やっぱり買えばよかった・・・』と後悔。
また行ってみようかな。

Ume

もうすぐ春。。。

|

« 再び復党問題 | トップページ | 魔王と変化の鳥 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/14049345

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ春:

« 再び復党問題 | トップページ | 魔王と変化の鳥 »