2024年2月28日 (水)

不思議な岸田首相

ゴタゴタもめていた衆院政治倫理審査会(政倫審)、結局全面公開で開催されることが決まりました。

岸田首相、少し前まで原則論を述べてのらりくらりと野党や記者の質問をかわしていたのに、一転して「党総裁として自ら出席し、マスコミオープンのもとで説明責任を果たさせていただきたい」と表明したら、出席予定の5人の議員たちも全面公開を了承したとのこと。

このことで思い出したことがいくつかあります。
昨年3月、G7首脳の中で唯一ウクライナ未訪問だった岸田首相はついに現地を訪れました。
日本はG7議長国でしたし、岸田首相はかなり焦っていたのではないでしょうか。
なぜもっと早く行けなかったのかなどと色々批判もされました。

ところが、この訪問がナイスタイミングだったのですね。
丁度、中国の習近平国家主席がロシアを訪れ、プーチン大統領と首脳会談を行ったタイミングと重なったのです。

欧米メディアは両首脳のそれぞれの訪問を対比させて岸田首相のウクライナ訪問をかなり好意的に報道しました。
偶然のタイミングだったとはいえ、岸田さんは運が良いなあと思いました。

また、こんなこともありました。
昨年9月の内閣改造で、副大臣、政務官が全員男性だったことで批判を浴びました。
確かに全員男性の集合写真は衝撃的でした。

ところが裏金問題が発覚し、安倍派を中心に人事の交代が行われたため、結果的に女性も起用されることになりました。

旧統一教会問題、裏金問題で最大派閥の安倍派が解消。これまで常に安倍派の意向を尊重し、人事で思うように動けなかった岸田首相にとっては気分的に解放されたような感じではないでしょうか。

政倫審については野党の皆さんももう少し岸田首相を追い詰めたかったと思いますが、あっさり全面公開が決まりちょっとがっかり・・・なのかしら。

追い詰められた時に岸田パワーが出るのでしょうか。それをご自身も何となく自覚していてギリギリまで決断しないのであれば岸田さんという方はなかなか曲者なのかもしれません。
不思議な方です。

|

2023年3月19日 (日)

詐欺メールにご注意

詐欺メールには気をつけていたのですが開いてしまいました。
NHKのサービスNHKプラスを名乗るメールです。
内容はNHK契約をアップグレードするため再登録しなければならないというものです。
送信者がnhkplus-info@****となっていたこと。3月という年度末であったこと。セキュリティー強化のためなら必要なのかもしれない。と信じてしまい、記載されていたURLをクリックしてしまいました。

(架空の)登録ページが開き住所、氏名など基本的な情報を入力させる画面が出ました。
その時点で「ちょっと変?」とは思ったんですね。

そもそも、すでに登録されている情報は表示されないとおかしいのにもう一度入力しないといけないように空白になっている。
正しいIDはメールアドレスなのですが、「@マークを含まないで下さい」となっている。

それでも本物のNHKのサイトだと信じてしまっていたので、『セキュリティーを強化させるために再度登録させ直す必要があるのだろう』と好意的に解釈してしまったのです。
そこで、画面の指示通りに色々入力してしまいました。

次に「ちょっと変?」と思ったのは、
最初の画面から次の画面に行くために「へ進む」をクリックしなければならないのですが、
「へ」って何?と思ったのです。日本語が変。
それでも馬鹿な私はクリックしちゃったんです。

次の画面ではさらに変だなと思う画面が表示されていました。
住所氏名などは最初から入力させられる画面になっていたのに、電話番号だけは正しい電話番号が表示されていたのです。

その時点でセキュリティーソフトからの警告画面がピコッと出ていたので、さすがの私も怪しさに気がつきました。ここまで気がつかなかった私が馬鹿です(泣)

次の画面はやはりというか、これが目的だろうという「クレジットカード情報の入力画面」でした。しかも入力は「必須項目」となっています。

実は私、7年ほど前にクレジットカード情報を抜き取られて詐欺被害にあう寸前までいったことがあります。
ある特殊な商品を購入するために利用したサイトがセキュリティーに甘く、そこから情報が漏れました。
幸い、引落の前にクレジットカード会社から購入品の確認電話があったためカードを停止してもらい被害を防ぐことができました。

詐欺師に購入されたのは13万円相当の電化製品。電化製品は換金が容易なので詐欺師が利用する手口です。

なぜクレジットカード会社が「不正利用かも?」とわかったのでしょうか。
その時聞いても教えてくれませんでしたが、調べたらすぐわかりました。

「すぐに転売し現金化できるような電化製品などを大量に購入する」
「カード利用者の購入履歴から見て、これまでに購入したものと全く購入性向の異なるものを購入した」

など、カード会社のコンピューターに「怪しい動き」とされる購入パターンがいくつか入力されており、それにあてはまった購入があった時はカードセンターに警告音が鳴り響くようになっていて購入者に確認するまで決裁されないそうです。
その経験があって以来、ネットショッピングでクレジットカードを利用するのをやめ、代金引換やコンビニなどでの事前支払のみにしました。

それにしても、今回クレジットカード情報を入力させる画面の手前までだまされていたことに情けない思いがします。こんなにすぐ洗脳させられるなんて振り込め詐欺にあってしまうかも・・・

普通なら表示される「前の画面に戻る」なり「戻る」という表示がどこにも無かったため、ブラウザの←(戻る)で戻ったら入力したデータが全部消えていました。

「NHKプラス 詐欺メール」と検索すると詳しく詐欺の手口を説明してくれるサイトが色々ありました。
この詐欺メール、去年の6月頃広がっていたようですが私の所には届いていませんでした。また繰り返されているようなので皆様お気を付け下さい。
NHKには今回の内容を報告しておきました。

|

2022年8月18日 (木)

投票したい政党が無い

旧統一教会と議員とのつながりが次から次へと出てきている問題とても失望しています。
特に自民党に対して。

私が参議院選挙で投票した議員も、当初は友好・関連団体の会合に出席したことが「ない」と答えていたのに、一転出席していたと訂正しました。

「主催が関係団体だと認識していなかった」と、お決まりの言い訳をしていますが、これが選挙前だったら絶対にこの議員には投票しなかったでしょう。

今選挙があったら自民党は大敗するのではないでしょうか。
岸田総理もそれはわかっているでしょうから、今後3年は絶対に衆議院は解散せず、その間に国民が旧統一教会問題を忘れてくれるのを待つのだと思います。

安倍元首相が自民党総裁として旧統一教会の組織を利用していたのは事実ですし、それが国民に表向きわからないようにされていたことに怒りを覚えます。

亡くなられた方を悪く言いたくはないのですが、私は安倍元首相のことをあまり好きではありませんでした。
以前から安倍さんの保守の考えは私が考えている保守の考えとは大分違うなと思っていましたし、このブログで政治ネタを書いていた頃も批判的な記事を書いていました。

私は次の選挙までこの問題を忘れませんが、困ったのは投票したい政党が無いことです。

|

2021年12月12日 (日)

首相公邸の都市伝説

岸田首相が公邸に引っ越し、入居は野田氏以来9年ぶり…どうなる都市伝説

岸田首相は11日、東京・赤坂の衆院議員宿舎から首相官邸に隣接する首相公邸に引っ越した。危機管理対応に万全を期すため、就任から約2か月で転居を決めた。公邸入居は民主党政権の野田元首相以来、約9年ぶりだ。(中略)
首相周辺が気にするのは、公務とプライベートとの切り替えの難しさだ。首相の職務は常に緊張を強いられるため、いかに気分転換を図るかも重要となる。公邸に住んだ7人のうち、小泉元首相を除く6人は1年前後で退陣となったため、永田町では「公邸に入ると短命政権」との都市伝説もささやかれる。
(Yahoo!ニュース-読売新聞2021年12月11日(土) 23:51)

公邸に入居する首相、本当に久しぶりですね。
都内に自宅があっても、危機管理上、また警備の都合上公邸に入っていただく方が何かと都合が良いですから良かったと思います。

それよりも私が気になったのは「都市伝説」の方。
記事では「公邸に入ると短命政権」とありますが、私はてっきり「幽霊」の話だと思いました。首相公邸は有名な事故物件と言われているとか。
森元首相は見える方だったらしく、公邸(旧官邸)で軍服姿の人物を見たらしいですね。
岸田首相はどうかしら・・・

 

|

2021年3月28日 (日)

時代錯誤の相続制度

昨日、朝日新聞の読者からの投書欄「声」に「子なし夫婦の相続 時代錯誤では」という意見が載っていました。投稿者は76歳無職の女性です。一部引用します。

☆――――――――――――――――――――
一昨年の暮れ、夫に先立たれた。子はいない。夫の遺言はなかったが、遺産は妻の私が相続するとばかり思っていた。しかし、民法の規定は違っていた。夫の両親は他界していたので、私のほかに夫のきょうだい4人が法廷相続人になったのである。彼らは「法の決まり通りに」と主張し、相続放棄はしてくれなかった。彼らにとっては、まさに「棚からぼた餅」のようなものだった。(以下略)
(2021年3月27日(土)朝日新聞朝刊「声」欄)


 子どものいない夫婦の場合、配偶者が死亡すると誰が相続人になるのでしょうか。
 民法の規定では、配偶者は常に相続人になります。親が生きていたら相続人になります。親がすでに死亡していても祖父母が生きていれば祖父母が相続人になります。
 親も祖父母も死亡していれば兄弟姉妹が相続人になります。兄弟姉妹が先に死亡していても甥姪が代襲相続者として相続人になります。配偶者と兄弟姉妹の相続の割合は配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4で、兄弟姉妹が複数人いる場合、1/4を人数で分けます。

 普段は交流の無い配偶者の兄弟姉妹、一度も会ったことも無い甥姪まで相続人になる権利があります。

 民法は、現代のライフスタイルに合わない条文がいくつかありますが、なかなか改正されません。誰かが裁判所に訴えて、長い年月をかけ最高裁で違憲判決を勝ち取らない限り、なかなか政治家は法律を変えようとはしません。

 この投稿者が嘆いている相続人の規定は、子どものいない夫婦にとっては悪法といわれている条文ですが、なぜか政治家の中からこの条文を改正しようという動きがみられません。
 明治時代の「家制度」の名残がある現在の民法(家族法)を守りたい自民党保守派の議員たちが反対しているのではないかと疑ってしまいます。

 もうひとつ、この法律を変えようとしない理由に、「兄弟姉妹、甥姪には遺留分が認められていない」というのがあります。そのため、遺言書に「妻(または夫)に全財産を相続させる」と書いておけば兄弟姉妹、甥姪は一円も相続できなくなります。「この規定があるから良いではないか」と考えている政治家も多いかもしれません。

 しかし、そもそも子どものいない夫婦が相続の規定をあまり知らないのではないかと思います。「妻(または夫)に全財産を相続させる」と双方遺言書を用意している夫婦がどれだけいるでしょうか。
 ほとんどの方が、今回の投稿者の女性のように、現実に相続が始まって初めて知る場合が多いと思います。

 もちろん、相続財産の一部なら兄弟姉妹にあげても良い、と考える方もいるでしょう。それならば、この条文は廃止し、兄弟姉妹にあげたい方だけが遺言書を用意しておけばよいことです。
 「家制度」の名残ともいえるこの条文が一日も早く改正されることを望みます。

 

|

2021年3月20日 (土)

停滞する日本と結婚難の日本人男性

古い雑誌を処分する前に一通り読んでみたところ、気になる記事がありましたので一部引用します。

国際結婚から見える経済的地位の低下
結婚難の日本人男性
中央大学文学部教授 山田昌弘

(中略)日本人女性が海外へ
 外国人男性と日本人女性が海外で結婚をするケースは増え続けている。近年では、毎年約9000件ある。現地で結婚届を出しても日本公館に届けないケースも多いので、実際にはもっと多いと推定されている。
 従来は、日本人女性の国際結婚の相手は、国内外とも欧米人男性が典型だった。しかし、近年、アジア人男性と結婚し、アジアで暮らす日本人女性が急増している。トルコ、タイ、香港、シンガポールの国際結婚カップルを開内文乃氏と一緒に調査しているが、そこで見いだされるのは「成長するアジア諸国」と「停滞する日本」の姿である。
日本人女性は、結婚するためにアジアへ行ったわけではない。日本ではまだまだ女性への差別的慣行が残っている。仕事を辞めた女性は就職しにくく、子どもを育てながら働く環境は整っていない。生きにくさを感じた意欲ある女性が、留学や活躍の場を求めて海外に出て行く。
 そこで、元気なアジア人男性と出会う。雇用不安と収入低下で萎縮する日本人の未婚男性と比較して、アジアの若いエリート男性は収入もあり自信がある。そのような積極的な男性に引かれて恋愛結婚する。バンコク、香港などアジアのグローバル都市では、女性が子育てをしながら仕事をする環境が日本と比べてはるかに整っている。エリートである夫の収入は、同年代の日本人男性より高いことが多い。彼女たちは、日本ではなかなか実現できない豊かな家族生活と仕事でのキャリアを両方手に入れているのだ。
 国際結婚のあり方は多様である。しかし、日本人男性の国際結婚の減少、海外での日本人女性の国際結婚の増大の要因が「日本の経済停滞」と「日本社会における女性差別慣行」にあるのなら、このままでいいわけはない。そして、私はこの二つの要因がつながっていると思えてならないのだ。
(週刊東洋経済2012年6月30日号 THE COMPASS)

山田先生は社会学者で家族学を研究されている方です。記事の前半では、アジア人女性にとって経済が停滞している日本の男性より、若者の経済力が上昇している新興国の男性の方が魅力的に映るということが書かれています。

実際に日本人男性と外国人女性との結婚は2006年の3万5993件がピークで減少に転じており、中国、フィリピン、ベトナムなどのアジア人花嫁にとって、もはや日本人男性は選択肢に無いということなのでしょう。

9年ほど前に書かれたこの記事と現在の日本の状況がほとんど変わっていないことに私は驚きましたが、森喜朗氏の発言にみられるような無意識の「日本社会における女性差別慣行」がまかり通っているうちは、日本の国際的な魅力は低下し続けると思います。

 

|

2020年11月23日 (月)

断捨離(衣類について)

数年前から断捨離をしています。
色々な物を断捨離しましたが、未だに困っているのが衣類です。

衣類の処分方法としては
①メルカリ、ヤフオクで売る
②古着屋で売る
③ゴミとして捨てる

などの方法が考えられますが、①については、商品を登録、画像の写真を撮りアップロード、
落札されたら発送、という手間を何回も繰り返す気力は無く、場合によっては文句を言われて返品されることもあるらしいので、私としてはまったく選択肢にありません。

そこでいつも利用しているのが②なのですが、これがまた色々問題があります。

一番利用しているのが「X屋」です。郊外にあり駐車場も広いです。
このお店は、値段がつかなかった物も「引き取りましょうか?」と聞いてくれるので、「お願いします」と言って置いていくことができます。

 しかし、自分では結構良い品物だなと思っていた物でも様々な理由で値段がつかないことも多く『無料で引き取るとは言っても、転売するんじゃないだろうか?』という疑惑がわくこともあります。

 それでも、一旦断捨離すると決意した品物を持ち帰るのは嫌なので、結局引き取ってもらいます。
全般的に引き取り価格はとても安いのですが、うるさいことを言われないのでよく利用しています。

たまに利用するのが「Y屋・A支店」です。繁華街にあり駐車場はありません。
 この店はブランド衣料に力を入れているらしく、かなり古い品でも「お店が求めている品物」に合致すれば、自分が考えていた以上の金額で売ることができます。

 しかし、この「お店が求めている品物」が何なのか全く見極めがつきません。
一番困るのは、値段がつかなかった品物を引き取ってもらえないことです。
以前、大量に持ち込んで全部を持ち帰る羽目になったことがあり、本当に困りました。

 「Y屋」には郊外に広い駐車場のあるB支店もあるので、万一持ち帰りになった場合のことも考えて車で行ったこともあります。
その時はそれほどたいしたブランドの品物を持って行ったわけではありませんでしたが、B支店では「持ち帰って下さい」とは言われず、A支店との対応の違いに釈然としない気持ちになりました。

最後の手段は③です。これが一番簡単です。
 ところが新型コロナウイルスの蔓延によって事情が変わってしまいました。
これまで、売ることのできなかった衣料品は、「リサイクルセンターにある衣料回収BOX」に入れていましたが、新型コロナウイルスの影響で、家にいる時間が長くなり、断捨離を考える人たちが爆発的に増えてしまい、衣料回収BOXの受け入れが停止されてしまいました。
行き場を失った衣料品は仕方が無いので燃えるゴミの日に少しずつ出しています。

 それにしても、「X屋」も「Y屋」も、衣料品の査定というのはかなり適当にやっているのではないかという疑問があります。
特に「Y屋・A支店」にいる若い男性店員さん(髪型がどんぐりのヘタみたいなので勝手にどんぐり君と言っている)の対応にいつも苛立ってしまいます。

どんぐり君:これは買い取りできません。
私:なぜ?
どんぐり君:ブランド名の記載はあっても製造元の記載が無いからです。
私:そうですか。でも、先日買い取ってもらった○○(ブランド名)はそういうのは書かれていませんでしたよね。
どんぐり君:○○は良いんです。
私:じゃあどのブランドが良いか悪いか事前に問い合わせても良いですか?
どんぐり君:困ります。

と、あとは取りつく島もない感じ。
 どんぐり君、以前は「商品に紐で添付されていたタグがあるといい」と言ったので、それを付けていったのに返されてしまう物がありました。
 その反面、何にも付いていなくても○○や◇◇ブランドは古くても買い取るし、何が基準なのかさっぱりわかりません。

 コロナ禍以降、「X屋」の対応も変わりました。以前は買い取れない衣料品については、「わずかな汚れがありました」と言うだけでしたが、先日行った時は「きれいですがデザインが少し古いですね。二年くらい前の物でしたら買い取れるのですが」と初めて言われました。

『え、二年前の物なら売らないし・・・』(心の声)

コロナ禍で持ち込みが増え、なるべく買い取る品を減らしたいので、こんな言い訳を言うようになったのだと思います。

まあ、こんなことになったのも、洋服を買いすぎた自分が悪いので、これからも文句を言わず断捨離に励みます。

 

|

2020年11月 8日 (日)

4年は長いか短いか

米大統領選、どうやらバイデンさんが当選らしいですね。
4年前、トランプさんが当選して「悪夢だ!」「他の国へ移住する!」と嘆いていた方たちはほっとしたことでしょう。

彼らにとって4年間のトランプ政権は長かったと思いますが、端から見ている私などからすれば、すごく短かったと思います。

私は、今住んでいるところの知事が大嫌いで、選挙のたびに対抗馬に投票していますが、対抗馬があまりにもダメダメすぎて勝てません。

十年以上の多選知事を落選させることができない悔しさに比べれば、たった一期の4年で政権交代できるのですから、アメリカの反トランプの方たちは簡単に夢を実現できたと思います。

それにしてもトランプさん、新型コロナ対策とBlack Lives Matter(BLM)運動で、もう少し丁寧な対応をしていれば普通に再選されたのではないでしょうか。
何と言っても現職は強いですから。

不本意でも、選挙前だったのですから国民に寄り添う大統領を演じていればよかったのに、などと考えてしまいました。

まあ、仮にそういうアドバイスがあったとしても、そもそも、トランプさんの岩盤支持層の方たちは「コロナに立ち向かう強い大統領」が好きですから、誰の言うことも聞かなかったでしょう。

さて、私的にはたった4年で政権交代してしまうアメリカです。ということは、共和党もまた4年で政権交代の可能性があるということです。
なにしろ、バイデンさんは「トランプさんではない人」だったというだけで当選した方なので、この先何が起こるかわかりませんよ。

|

2020年10月 6日 (火)

某先生から学んだこと

日本学術会議が推薦した会員候補6人が任命されなかった問題ですが、私は当初あまり関心がなく、新聞も真剣に読んでいませんでした。

ところが、昨日ぼんやりテレビを見ていたら、当該ニュースで昔授業を受けたことのある某先生が映っているではありませんか。

『そうだったのか。あの先生、官邸から拒否されたのか・・・』
と、懐かしさと同時になんだか複雑な気持ちになりました。

しかし、
『まあ、安倍政権以降、こういう思想の先生は嫌われていただろうな』
と、ある意味『当然かな』とも思いました。

私にとって先生の思想はほとんど受け入れられないものでしたが、
一人の人間としては、とても優しくて思いやりのある方という印象を持っています。

今回の任命拒否については、現在の日本学術会議が左に偏りすぎているということらしいので、安倍政権時代からそれを是正したいという思いがあったのでしょう。
そうなら、管首相もはっきりそう言えば良かったのではないでしょうか。
『バランスをとりました』と。

色々な意見を聞くことは必要ですし、そのためには政府と逆の意見を持つ会員もいて当然だと思います。
私も左系の先生の授業を色々受けて、様々なことを学びました。

ネットの世界では、自分に心地よい意見だけ選んで完結することが可能です。
しかし、嫌なものを見ないよりも、見て知った上で反論する方がよほど良いと思います。
私が朝日新聞を嫌でも読んでいるのがそのひとつ。
それに気づかせてくれたのが某先生でした。
意見は違っても、官邸に拒否されても頑張って下さい。

 

|

2020年9月24日 (木)

確認

記事が書けるか確認。

|

«保守